« 電車男ドラマ版 | トップページ | しおり完成 »

2005年7月10日 (日曜日)

賞味期限と廃棄について

今月くらいから、私のコンビニの食料品の廃棄は

賞味期限の2時間前ということになりました。(以前は6時間位前)

これによって、お店から大量に出る廃棄を少なくできるから環境にも(・∀・)イイ!!といって、新聞にも紹介されました。

しかしこれによって影響を受けた人もいます。

そう売る側の私達です。

以前は、賞味期限6時間程前になると、レジを通すと

「販売期限切れ」

と表示され、裏から新しいものを持ってくるなりをしていたのですが

今回からは賞味期限に近づいても、エラーなりの表示は出ない

となると値段付け、ジュースの補充、掃除、レジ打ち+αの仕事で時間一杯一杯なのに、頻繁に食料品の賞味期限のチェックをしなければならない

これは仕事の効率を悪くしているとしか思えない。

では今度はお客様の立場からしてみよう。

以前、このような苦情が来たという。

「お昼に食べようと思って弁当を10時に買ったのだが、に食べようと思ったら賞味期限が切れていた。どうしてくれるんだ!!」

これはごもっともである。

お客様にとっては、自分の働いて稼いだお金で、お弁当を買っているのだ。

それが食べようと思ったら賞味期限切れ・・・確かに消費期限とは違って身体に影響なく安全に食べれます。

しかしやっぱり期限切れしているのは怖い(((( ;゚д゚)))

それにまもなく本格的なが来る。

夏といったら食中毒が起こる季節でもある。

だとしたら賞味期限切れの2時間前まで売る今の状態では

廃棄は減るかもしれないが、お客様の信用をなくすることにならないか?

私のアルバイトをしているコンビニは地域密着型であり、近所の人たちが沢山来て、色々なものを買ってくれる。

これはお店とお客との信頼関係で成り立っているが、それを崩す結果にはならないだろうか?

私は今回の賞味期限2時間前まで販売するという体制に不満を持っているのだが・・

それに、そういうことを知っているお客は、商品を後ろの新しいものから取る。

だとしたら廃棄はあまり減らないのではないか?

現に廃棄はあまり減ってはいない

|

« 電車男ドラマ版 | トップページ | しおり完成 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101299/4903673

この記事へのトラックバック一覧です: 賞味期限と廃棄について:

« 電車男ドラマ版 | トップページ | しおり完成 »