« P901iTVについて | トップページ | ポーション発売 »

2006年3月 6日 (月曜日)

Vodafone買収へ

日本の携帯電話市場で第三位のVodafoneがソフトバンクに買収されるという話が新聞沙汰になってます。

ソフトバンク側からすれば、Vodafoneの設備や契約者を根こそぎ獲得でき、相当上手い話だと思います。0からやるよりは確かに費用もかかりませんし・・

しかし今回の買収騒ぎで一番被害を受けるのはVodafoneユーザー(旧Jphoneユーザー含む)

ソフトバンクはVodafoneの株式のほとんどを所得しようとしています。これによってVodafoneの名残を完全に消すことも可能ですし、会社名もなにもかも自分達の思い通りすることが可能です。それによって

まず第一にメールアドレスの変更

@jp-*.ne.jp→@*vodafone.ne.jp→@*******.ne.jp

これは長い間使っていたメールアドレスを根本的に変えてしまうのと同じこと。会社の人や友人にも変更通知を送らないといけませんし、旧Jphoneユーザーには2度目の嫌な経験になってしまいます。

それに現在の契約者はVodafoneに契約している人たちです。2年縛りでVodafoneを使っている人もいるはずです。それがある日突然に「ソフトバンクになりました。よろしくね」だったら納得いかないはず。縛りがあるため会社が変更になっても解約が出来ない。ソフトバンクといえばモデムの街頭配布、勝手に送りつけたりとあまりネット関係ではいい話を聞かない。Vodafoneだから契約したのに・・・・

この場合、ナンバーポータビリティーが始まれば、他会社に大量に流れてしまいます。

他に問題なのは、2007年から1.7GHz帯を利用してW-CDMA方式のサービスを開始することを前提に総務省に免許申請を行い、2005年11月9日に免許を受けている点。

新規参入を条件に貰ったのに、従来の携帯電話会社を買収するのですから新規参入とは言えないんじゃ?

これは総務省をコケにしたのと同じです。他の新規参入企業も言っているように返還すべきだと思います。

純減しているとはいえ、1500万人以上の契約者はVodafoneの契約者であって、ソフトバンクの契約者ではない!!

買収すればサービスが良くなる、安くなる可能性もありますが、逆に更に悪化する可能性もありえます。競争の起爆剤になることも考えられますが、従来の契約者のことも考えて欲しいものです。

|

« P901iTVについて | トップページ | ポーション発売 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101299/8995366

この記事へのトラックバック一覧です: Vodafone買収へ:

« P901iTVについて | トップページ | ポーション発売 »