« RX-79(G)を配備しました | トップページ | 新兵教育 »

2006年9月10日 (日曜日)

ご飯のない松屋

土曜日から一泊二日で長野県へ家族旅行に行ってきました。
帰りの高速道路はかなり渋滞していて中々進まず、やっと一般道に下りれたのが夕食時の7時過ぎ。
さすがに疲れたので、運転している最中にお店が見つかったらそこで食べようという話になるものの、反対車線にしか店がない。
10分運転してやっと松屋を見つけたのでお店に入ったんだが、

そしたらいきなり
「すいません。ご飯がないので販売できません。ご飯が炊き上がるのに1時間近くかかります。」

夕食時に肝心のご飯が切れるとは珍しすぎ。
「ご飯大盛り無料」という垂れ幕があったけど、ご飯自体がないじゃん!!
しかも店員さんの口調がアジア系の外人さんが日本語覚えましたって感じの口調。
確かに店員が2人しかいないから
一人は調理、もう一人は接客って感じにはなるのは仕方ないとは思うが、日曜の夕食時くらいはちゃんとご飯炊いててよ!

どうりで座っていた何人かの客は何も食べずに座って炊き上がるまで待ってる訳だな。
炊き上がるのに1時間かかるのに・・・ 気づいてないのか?
仕方ないから次の店で夕飯を食べたけど、もう少しどうにかしてもらいたかった。
あれはさすがにひどいぞ 松屋さん。

|

« RX-79(G)を配備しました | トップページ | 新兵教育 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101299/11855232

この記事へのトラックバック一覧です: ご飯のない松屋:

« RX-79(G)を配備しました | トップページ | 新兵教育 »