« 3.52M33-4 Custom Firmware | トップページ | バッテリーパックを探してみました »

2007年8月23日 (木曜日)

Pandora's Batteryを作ってみる

200708237
今まではトロイで故障してしまった、Flashの書き換えで失敗してしまったPSPはソニーの修理受付でも修理不可能で送り返されていました。
v1.50前後のPSPなら修理されて戻ってきますが、それでも送料などを含めてかなりの金額を支払わなくてはならず、かなり痛かったはず。

今回、リリースされたPandora's Batteryというのは、
PSPの電池を使って、現時点の全てのPSP、壊れたPSPであっても過去のバージョン1.50にダウングレードすることが出来ます。

なぜ電池なの?と疑問に思う方もいると思いますが、FLASHをいじられて壊れたPSPを直すのに、ソニーは専用のバッテリーを使ってダウングレードしていたとのことなのです。
なので純正のバッテリーをその専用バッテリーと同じ仕様に書き換えれば・・
これなら高騰しているルミネスを買わなくても、修理不可能で諦めていたPSPも復活することが出来ます。
今回は、そのPandora's Batteryの作成方法を書いておこうと思います。

【補足】
新型PSPでPandora's Batteryを使おうとすると最悪壊れるとのこと。旧PSPのみで使いましょう。

【追記:07/08/28】
コマンドプロンプトの使い方についての補足説明を8月27日記事にて新たに書いておきました。
初めてコマンドプロンプトを使うけど、やり方がどうしても分からないという方がいれば、別ウィンドウで開いておくなりして参考にしてください。

【導入するのに必要なもの】
・v1.50かCFW導入済みのPSP(新型PSPは無理)
・4G以下(256M以上推奨)で初期化しても問題ないメモリースティックProDuo
※メインで使っているメモリースティックは避けること
※サンディスクのでも可能とのこと

※メモリースティックProDuo必須。Proは対応していません。
※128MBでも可能 ただし最初から付属している32MBのメモリースティックは"ただ"のProなのでご注意を

・ PSPの純正バッテリー
※中身を書き換えるため、パンドラ専用のバッテリーを新たに購入しておくこと。
※純正以外にも出来るものがあるそうです。
【出来るもの】
純正 1800mAh
純正 2200mAh
Datel 1800mAh "Max Power"
Atomic Battery Pack 1800mAh
【出来ないもの】

Datel 3600mAh "X2"
Mega Battery Pack 2600mAh (Max Power II)
NK-RH008 3600mAh
メーカー不明 3600mAh
ROWA社製品

※当方では純正以外での動作確認はしていないのであくまで参考程度にお願いします。有志の方の報告に感謝。
・v1.50のシステムソフトウェア(EBOOT.PBP)
Pandora's Battery
Pandora's Battery(予備としてミラーも公開しておきます。)

1、Pandora's Batteryをダウンロードし解凍する。
2、メモリースティックをPSPかWindows等で標準搭載されているフォーマットツールでフォーマットをする。
200708271
※Vista環境だと上手くいかない恐れあり。
3、PSPをPCと接続してUSB接続
4、コマンドプロンプトから、ダウンロードしてきたPandora内にあるmspformat.exeを起動し、 >mspformat [PSPのMSがあるドライブ名]と入力する。
【例】
PSPのドライブレターがG:\と認識されている場合。
C:\mspformat >msformat.exe G
※コロン : は入れる必要はありません。

【補足】
コマンドプロンプトはどこにあるの?
スタート→アクセサリ→コマンドプロンプト
200708238

5、フォーマットしてもいいか(Y/N)確認されるのでYを押してフォーマットする。
200708272_2
Open Errorと表示されてしまう場合は、ノートンなどのウイルス対策ソフトを一時的に使用禁止にすると解決すると思います。

6、USB接続を切り、メモリースティック一旦抜いて再度差し込む。
7、再度USB接続し、PSP/GAME(またはGAME150)フォルダを手動で作る。
8、batteryフォルダとinstallerフォルダ中のフォルダ(4つ)をGAME(GAME150)フォルダにコピーする。
200708273

9、正規v1.50EBOOT.PBPUPDATE.PBPとリネームしてMSのルート上にコピー
200708274
10、USB接続を切り、メモリースティックも一旦抜いて再度差し込む。
11、XMB上でPandora's Battery Firm. Installerを実行、MSルート上にmsipl.binその他が作られる
200708277
※CFW環境の方でXMB上に何も表示されていない場合は、リカバリーモードを起動し、menuから以下の項目を変更してみてください。
configuration
Hide corrupt icons(currently : Disabled)→Hide corrupt icons(currently : Enabled)
Game folder homebrew (currently:3.52 kernel)→Game folder homebrew (currently:1.50 kernel)
【補足説明】
破損ファイル非表示は変更しなくてもいいかもしれませんが、一応念のために切っておきました。
カーネルを1.50に変更すれば表示されると思います。
200708278
↑完了すると10秒後に自動的に再起動します。

200708275_2
↑msipl.binその他

12、PCとUSB接続し、コマンドプロンプトから、msinst.exe [MSのドライブ゙名] [MSのドライブ名:\msipl.bin]で実行

200708276
【例】
PSPのドライブレターがG:\と認識されている場合。
C:\msinst>msinst.exe G G:\
msipl.bin
13、PCとUSB接続を切り、XMB上からPandora's Battery Createrを起動する。
200708279
※バッテリーの情報を書き換えるため、書き換えた後のバッテリーは通常のものとは異なるものになるので注意。下手をすると破損してしまう可能性もあるため、予備の電池を用意しておくこと

14、念のために△ボタンを押して、eepromのバックアップを取っておきましょう。
バックアップを取り終えると自動的にXMBに戻るので、Pandora's Battery Createrを再度実行します。
今度は×ボタンを押して書き換え完了です。
→バッテリーをサービスモード用に書き換えています。

【補足説明】
PSP上でPandora's Battery Creatorを起動させた時
×:バッテリEEPROMをサービスモードへ書き換える
□: バッテリEEPROMをノーマルモードへ書き換える
○:バッテリEEPROMをノーマルモードへ書き換える(自動で電源がオン)
△:バッテリEEPROMをms0:/eeprom.binへ保存
L+R:バッテリEEPROMをms0:/eeprom.binから復元
HOME:何もしないで終了

パンドラバッテリをセットしてPSPを起動した時
×:ms0:/update.pbpを利用してダウングレード
○:PSPのnandをms0:/nand-dump.binへ保存
□:PSPのnandをms0:/nandimage.flashから復元(表記はnand-dump.binだが実際はnandimage.flash)

↑のメニューで□の復元(リストア)の場合、次の二種類の方法が選択できます(□を押すと下記メニューが表示されます)
×:リストアのときidstorageエリアに書き込みません
L+R+START+SELECT:リストアのときIdstorageを含めます。

※注意※
IdstorageはMACアドレスなど個体別に異なった情報が格納されています。

間違っても別のPSPのIdstorageを書き込まないように注意。

※よく分からなければ補足説明は読まない方が混乱しないと思う※


これでPandora's Batteryの作成は完了。これを壊れたPSPやダウングレードしたいPSPにこのバッテリーを利用します。

1、上記までの方法で作成したメモリースティック、Pandora's Batteryを対象のPSPに入れる。
※この時、ACアダプタを接続しておかないこと
2、そのままバッテリーを入れると、勝手に電源が入り、Pandora's Battery Recovery menuが起動する。
2007082710
※このツールを使用しても、IdStorageが破損してしまうと修復することが出来ません。念のために○ボタンを押してNANDのダンプイメージは必ず作成しておいてください。
保存先はms0:/nand-dump.binになります。
3、一応ACアダプタを接続し、×ボタンでダウングレードを開始します。

これでv1.50にダウングレードされます。
※v1.50にダウングレードしたら画面が真っ暗になってしまった場合は、♪の左隣にある□を押して輝度を調整しておくこと。
このバッテリーを一本作っておけば、トロイで壊れた、書き換えに失敗して壊れたPSPまでも復活できるのでかなり便利。
以前でしたら修理できても6300円の修理代が請求されましたから。
今後考えられるのは、純正のバッテリーの回収または買占めによる市場からの純正バッテリーの消失ですね。
新型PSPの発売によって、旧PSPのアクセサリーが入手しづらくなることを考えると、今の時期に予備の電池を購入しておくのも一つの手だと思います。

【おまけ】
通常のバッテリーへの戻し方
1、バッテリーを抜いてから、AC接続のみでPSPを起動する。
2、起動したままバッテリーを装着。
3、Pandora's Battery Creatorを起動し、□ボタンを押して書き換える。
4、通常のバッテリーに戻る。
※メモリースティックを元に戻す場合は、中身のデータをバックアップしてから、一旦フォーマット。再度パンドラ用として使う場合は、mspformat.exeで再度フォーマットしてから、バックアップしたデータを戻せば問題ないかと。

【関連リンク】
大容量のをメインに使って、標準のバッテリーをPandora's Batteryにしておくのが効率の良い使い方だと思います。現時点ではまだ注文できる状態なので、在庫がなくなる前に、電気屋や家電量販店に買いに行くのがベストかもしれませんね。
PSP専用バッテリーパック(2200mAh)
PSP専用バッテリーパック(1800mAh)

|

« 3.52M33-4 Custom Firmware | トップページ | バッテリーパックを探してみました »

PSP」カテゴリの記事

コメント

パンドラバッテリーのデータを消してしまったので、データを下さい
データをくれるのであればメールしてください。
よろしくお願いします。

投稿: K.Y | 2007年9月 5日 (水曜日) 午後 05時31分

>K.Yさん
申し訳ございませんが、データを渡すことは出来ません。
作り方は書くことは出来ますが、中身のデータには著作権が絡むデータが含まれてしまうので、それを渡してしまうとサイト自体の存続に関わってしまいます。
それにIdstorage(MACアドレスなど個体別に異なった情報が格納されている)が人によって全部違うので、クローンを作ってしまわないためにも、もう一度作り直すことをオススメします。
一度作れたのですから、作り直すにはそれほど時間はかかりませんでしょうし。
他のサイトさんに聞いても同じような答えが出ると思います。

投稿: MOO | 2007年9月 5日 (水曜日) 午後 06時41分

はじめまして。お蔭様でパンドラバッテリーできました。このバッテリーとMSでどの旧PSPでも1.5にできるのですか?
上の質問のデータとはパンドラを作ったPSPのデータのことなのでしょうか?パンドラを作成したPSPのみのパンドラなのでしょうか?
たくさんの質問申し訳ございません。

投稿: YAM | 2007年9月13日 (木曜日) 午後 10時32分

>YAMさん
このバッテリーとMSでどの旧PSPでも1.5にできるのですか?
→原則としては現状の旧型なら大丈夫ですが、あまり何度もアップ、ダウンを繰り返すのはハード的にどうかなと思います。
もしかすると今度登場するFWでは対策が取られる可能性も十分に考えられますから、「原則として」という答えにしておきます。

>上の質問のデータとはパンドラを作ったPSPのデータのことなのでしょうか?パンドラを作成したPSPのみのパンドラなのでしょうか?
→上の質問とはどれを指すのかがよく分かりませんが、パンドラバッテリーとメモステを作るにあたって必要なファイルのうち

1.50のファームウェアのデータや作られたmsipl.bin等のファイルはメーカーの著作物であり、配布したりすることは禁止されています。
なのでここで出来たものを配布してしまうと、あとで大変なことになってしまいます。
メーカー様もかなりの頻度でPSP系ことを書いたページを巡回しますから、必要な情報は自分で探し、自己責任において利用してくださいとしか言えないのです。

また製作中に念のためにnand-dump.binなどを作ったと思います。
この中にはIdStorageというPSP固体全て違う数値が割り振られていますから、知識のないのに他のPSPに間違って上書きをしてしまうと大変なことになります(知識がないのですから、直し方も分からないでしょうし)
なので自分の手持ちのPSPで使うのは構いませんが、他の人のPSPをダウングレードする目的で使うのはあまりオススメしませんね。
その固体情報の含まれるデータだけ削除してから使うのならいいのですけど、判別が難しいかもしれませんから。
それはバッテリー、メモステどちらにも言えることです。

こんな答えでよろしいでしょうか?
私はCFW環境で不具合を生じたときの保険として作っています。
また新型PSPではダウングレードは出来ませんが、3.70 M33を起動させるのに必要なものとして定義されているので、新型でもいろいろなことをしたい場合は定期的にシステムアップデータを入手しておくなどしておくといいかもれませんね。


投稿: MOO | 2007年9月13日 (木曜日) 午後 10時59分

早速のお返事ありがとうございます。たいへん助かりました。
というのは、友達のPSPがアップデート中に電源を切ってしまい、
電源が入ってもすぐ切れる事態になってしまいました。
そこでパンドラが使えるかな?と思い、どのPSPにもという質問をさせていただきました。
これでパンドラでダウンさせても、すぐに正規のFWにする予定です。
これなら大丈夫ですよね?(でもちょっと心配ですが・・・)

投稿: YAM | 2007年9月13日 (木曜日) 午後 11時12分

>YAMさん
コメントの訂正部分を直しておきました。

>というのは、友達のPSPがアップデート中に電源を切ってしまい、
電源が入ってもすぐ切れる事態になってしまいました。

トロイを踏んだり、アップ中に壊れたりは私も同じ症状になったことがあるのでよく分かります。
修理だと
購入時にFW1.50前後のPSPなら6300円+片道送料
それ以上だと修理不可能でしたね。
でもPSP自体の値段がかなり高いため

友達のを修理するのであれば
→もともと壊れてメーカー修理不可能なんだから失敗しても怒るなよ!を強調しておくこと(ダウングレードするわけですから100%戻せるかは断言できませんので。)
→お金を貰ってのダウングレードはやってはいけないのはお約束で

あとはL+R+START+SELECT:リストアのときIdstorageを含めます。
↑これは間違ってもしないこと。あなたのPSPと同じクローンが誕生してしまいます。
これだと す ん ご く 大 変 な こ と に

それと基盤によっては輝度の不具合があるので、
※v1.50にダウングレードしたら画面が真っ暗になってしまった場合は、♪の左隣にある□を押して輝度を調整しておくこと。
↑暗くなっても驚かないように!

最後に
あまり知識がない場合、友達のを修理というのは本当はオススメ出来ません。
心配なら色々なところの情報を調べて、万全な状態になったら自己責任で慎重に行ってください。

投稿: MOO | 2007年9月14日 (金曜日) 午前 12時21分

すいません、このサイトのおかげでXMB上にPandora's Battery Firm. Installerが表示されるところまでいきました^^・・・
が、Pandora's Battery Firm. Installerを起動させても
cannot read updater fileと表示されてPandora's Battery Firm. Installerをうまく起動させれません。
以前他の掲示板で書き込みさせてもらったところ1.50EBOOT.PBPにおかしいところがあるといわれました・・・・
このサイトでは1.50EBOOT.PBP(UPDATE.PBP)が13,575KBですが自分のUPDATE.PBPは13,540KBなのです。この違いなのでしょうか?
すいませんがお答えお願いします^^;

投稿: NAMNAM | 2007年9月16日 (日曜日) 午後 06時50分

はじめまして。
このサイトの手順通りにパンドラバッテリーをつくることができました!ありがとうございましたm(_ _)m
そこで質問なんですが、パンドラバッテリーは何回くらい連続でダウングレードできるのでしょうか?

投稿: Strato | 2007年9月16日 (日曜日) 午後 06時52分

同時に来ているのでまとめて返信します。
>NAMNAMさん
cannot read updater fileと表示されてPandora's Battery Firm. Installerをうまく起動させれません。
→1.50EBOOT.PBPが恐らく間違っているか破損しているという可能性があります。
当方のファイルは以下のとおりになっています。
CRC32:a13ceeeb
MD5:e32eb27980ba8b291eb803e3397e4b24
SHA1:959a0b0454842eff92569ea5840941476d009011
サイズはエクスプローラー上では13,757KB
右クリックしてプロパティを開いてみると
サイズ13,2MB 13,900,225
ディスク上のサイズ 13,2MB 13,901,824
こんな感じです。
CRC?MD5?SHA1って何と思ったらまずググって見てください。
当方が確認用に使っているソフトは「ElleFileInfo」というフリーソフトです。

当方の予想では
1、解凍中にファイルが完全に解凍しきれていない場合
→他の解凍ソフトを利用してみる。
2、手に入れた1.50EBOOT.PBP自体がおかしい。
→ダウンロードに失敗している場合など色々あるので、他から探して見てください。場所等は当方では教えかねます。
の二つのうちのどれかだと。
まずはそのファイルのCRC32以下を調べてみてください。

>Stratoさん
>何回くらい連続でダウングレードできるのでしょうか?
→バッテリーは使わずに放置していても自然に放電してしまうので、電池がなくなるまではとりあえず問題ないかと。
ただ何度もダウングレードしているとPSPの方の調子が悪くなる可能性もあるので連続使用はほどほどに。
なくなりそうになったらバッテリーを元の通常バッテリーに戻してから、再度充電→パンドラ化
ただし何度もパンドラ化、再度通常に戻す→以下略
を繰り返しすぎるのもあれなのでほどほどに。
パンドラ化したバッテリーは”パンドラ専用”とすることが一番かと。

投稿: MOO | 2007年9月16日 (日曜日) 午後 08時47分

すいませぬ、回答ありがとうございます^^
指摘されたことを参考に調べたいと思います^^

投稿: NAMNAM | 2007年9月17日 (月曜日) 午前 12時59分

親切なご回答ありがとうございました^^
またお願いしますm(_ _)m

投稿: Strato | 2007年9月17日 (月曜日) 午前 10時22分

Pandora's Battery Firm. Installerを起動させても、起動に失敗しました。と出て起動できません・・・
なぜでしょうか? PSPのバージョンは3.00です PSP1000です。

投稿: raru | 2007年10月 1日 (月曜日) 午後 08時24分

>raruさん
純正の3.00では起動することは出来ません。
純正の場合はバージョン1.50、またはカスタムファームウェアというものを導入したPSPでのみ起動できます。

もしカスタムファームウェアを導入済みの環境であれば、
※CFW環境の方でXMB上に何も表示されていない場合は、リカバリーモードを起動し、menuから以下の項目を変更してみてください。

この部分をもう一度お確かめください。

投稿: MOO | 2007年10月 1日 (月曜日) 午後 08時30分

記入漏れがありましたので付け加えさせてもらいます。
バッテリーは1800です。
エラーは(8002014C)と出てきました。
情報が足りない場合は何が足りないか記入お願いします。
解答よろしくお願いします。

投稿: raru | 2007年10月 1日 (月曜日) 午後 08時37分

解答ありがとうございます!
また何かありましたらよろしくお願いします。

投稿: raru | 2007年10月 1日 (月曜日) 午後 08時41分

>raruさん
エラーは(8002014C)と出てきました。
→これは起動に失敗した場合のエラーなので、やはり純正3.00であるのが一番の原因だと思います。
バッテリーは問題ありません。
あなたがパンドラを作るには以下のいずれかを試すことが先決です。

1、ルミネスというゲームソフトを使って、v1.50にダウングレードをする。ただし現在は対策版が出回っているので購入には要注意。

2、GTA LCSという海外のPSPゲームを輸入し、v1.50にダウングレード。ただしこちらも対策版が流通していますので入手にはオークション経由になってしまうかと

3、パンドラを導入した友人に借りて、ダウングレードしてもらう。ない場合はオークションで代行してもらう。本来ならオークションでの代行は金銭がかかるのでオススメしませんが..

これのいずれかを試すのが先決です。
あと今のバージョンはそれらを行うまでは維持すること。
3.71などに上げてしまうと、手段が減ってしまうので。

投稿: MOO | 2007年10月 1日 (月曜日) 午後 08時54分

パンドラバッテリーを作って、もう一つのPSPに入れてみたのですが、画面が黒いままで起動できません。 
XPでパンドラボックスでやってみたのですが・・・

投稿: konatti | 2007年10月 8日 (月曜日) 午後 12時49分

>konattiさん
詳しい環境まで書いていただけないとどうにもお答えできません。
もしかした「もう一つのPSP」とは
新しく発売した薄型のPSP-2000の方でしょうか?
この場合は真っ暗のまま起動できません。

PSP-2000でこのバッテリーを使う場合は
主にカスタムファームウェアを導入する場合が主だと思います。
バッテリー本体はそのまま流用できますが、メモリースティックの方はそれ専用に中身の書き換えが必要になります。
それの辺はカスタムファームウェア3.60M33の記事を参考にしていただけると分かるかな。

この場合、画面が真っ暗な状態での作業なので結構あせったりしますが、アクセスランプが点滅している最中は電源を落としたりは絶対にしないでください。

こんな感じですかね。
今後質問する場合は
・本体のバージョン
・記事のどこまで出来て、どこが出来なかったのか
・メモステはどこのメーカーのものか
くらいは最低限書いておいてください。
それじゃないと適切なアドバイスは出来ませんから。

投稿: MOO | 2007年10月 8日 (月曜日) 午後 05時54分

すみません”
本体はPSP-1000です。
 
Pandora's Battery Creatorで△ボタン押して

バツボタン押してPandora's Batteryをつくって

やったのですが出来ませんでした。

メモリースティックはSanDiskのPRODuoの4Gです。

たびたび、申し訳ありません。

投稿: konatti | 2007年10月 8日 (月曜日) 午後 06時57分

>konattiさん
1、そのパンドラバッテリーとメモリースティックで、パンドラを作った手持ちのPSPはダウングレード出来たか?
→メニュー画面が出ないのであれば作れていません。
作り直してください。

2、もう一つのPSPの輝度が暗いから画面が真っ暗な可能性も。
→♪の左隣にある□を押して輝度を調整しておくこと。

3、メモリースティックはSanDiskのPRODuoの4Gです。
→4GBのメモリースティックをパンドラ化するのは勿体無い。1GB以下、128MB~512MBくらいで十分。
メーカーはサンディスクでも問題なし。
もしそのメモリースティックが使い込まれたものなら、一回全部フォーマットしてから再度制作することをオススメします。
それでも駄目なら他のメモリースティックで試してみる。
相性問題が関わっている場合が多いです。

申し訳ありませんが、当方で答えられるのはこれくらいです。
実機がいじれるのなら解決策も見つかるかもしれませんが、これはどうしようにも。
他所でパンドラを扱っているページがあるのなら、そこのコメント欄を調べてみれば、同じような症状の方が見つかるかもしれません。
これで解決しないのであればそちらも参考にしてください。

投稿: MOO | 2007年10月 9日 (火曜日) 午前 02時02分

初めて投稿させていただきます。パンドラメモリースティックをバックアップから復元して動作確認ができた方はいますか?。またIdStorageが破損している場合は無理とのことですが、それはそのPSPのIdStorageのバックアップがない場合で、あれば修復可能ということでしょうか。またIdStorageはNANDのバックアップに含まれているのでしょうか?

投稿: imadaDH | 2007年10月13日 (土曜日) 午後 03時49分

>imadaDHさん
nandimage.flash(表記上はnand-dump.bin)の中に、(MACアドレスなど個体別に異なった情報が格納されている)IdStorageが含まれています。
なのでバックアップを取ったPSPに使う場合は何も気にしないでいいですが、それ以外のPSPで使う場合は

L+R+START+SELECT:リストアのときIdstorageを含めます。

この操作だけは行ってはいけません。
これを行ってしまうと固体情報が上書きされてしまい、半死クローンが出来てしまいます。

>パンドラメモリースティックをバックアップから復元して動作確認ができた方はいますか?

少し意味が分からないのですが、私の場合はパンドラ用のメモリースティックは一枚しか用意していないので、
PSP-1000用のデータとPSP-2000用のデータは分かりやすい名前でパソコンに別々にバックアップしています。
もしそのバックアップを使う場合は

1、PSPでメモリースティックを初期化する。
2、従来の方法でmspformat.exeを使う。
3、パソコンにバックアップしてあるデータをメモリースティックにコピー

これで使えますよ。
本当なら1000用と2000用の2枚のメモステを準備すればいいのですが、2枚準備しようとなるとそれなりの出費ですからね。

投稿: MOO | 2007年10月14日 (日曜日) 午前 01時10分

なるほど。メモリーの件は記事の【おまけ】の※印を実際にやってきちんと使えるか確認したかっただけです。どうもありがとうございました。

投稿: imadaDH | 2007年10月14日 (日曜日) 午後 12時43分

CFW3.60の新型PSPでパンドラバッテリーを作ろうと思ったのですが、XmBからInstallerを起動した後、8002014Cエラーが出て、起動に失敗します。

いろいろなサイトを巡ってみると、このエラーが出ている人は、FW1.50以下でないか、CFWを導入していない人のようなのですが、CFW3.60のPSPでも同じことが起こってしまいます。

同じような状態の方はいらっしゃるでしょうか?
また、もし解決法を知っている方がいたら教えていただけるとありがたいです。

疲れ果てました・・・

投稿: T.W. | 2007年10月21日 (日曜日) 午前 11時20分

>T.W.さん
CFW3.6を導入済みなのなら、バッテリーを作る必要はないのでは(一回作ったバッテリーはそのまま使いますから)?
マジックメモステなら新型でも作れますが、バッテリーは旧型PSPで作る以外の方法は聞いたことが無いです。
また新型のバッテリーはパンドラ化は出来ません。(使い物にならなくなる。)
それと旧型のCFW環境で慣れている場合は、GAME150じゃなくGAMEフォルダに入れるとか、カーネルの設定が違っていたりとか結構忘れていたりします。

とりあえずバッテリーは旧型で作ってください。

投稿: MOO | 2007年10月21日 (日曜日) 午後 06時59分

新型(SLIM FW3.60)にCFWを導入しようと思ってます。CFW3.52M33-4の旧型を持っています。
何の調査もせずにバッテリーを買ってきたところMADE IN JAPANではダメということを知りました。これをパンドラ化しようとするとバッテリー壊れるんでしょうか。
 あと、2CHで調べたんですがFW3.60は貴重という情報がありました。これはnandのバックアップを取っておけばCFW導入後も純正FW3.60に戻せるということでしょうか。
 

投稿: TAMURA | 2007年10月22日 (月曜日) 午後 11時35分

>TAMURAさん
何の調査もせずにバッテリーを買ってきたところMADE IN JAPANではダメということを知りました。これをパンドラ化しようとするとバッテリー壊れるんでしょうか。
→とりあえず旧型をお持ちであるのなら、そちらをパンドラ化し、買ってきたバッテリーは旧型用のバッテリーとして使ったほうがいいです。
対策品は持っていないのですが、恐らく導入しようとすると、バッテリー自体が壊れます。
使い物にならない可能性が高いのでやめておくべきです。

>あと、2CHで調べたんですがFW3.60は貴重という情報がありました。これはnandのバックアップを取っておけばCFW導入後も純正FW3.60に戻せるということでしょうか。
→貴重であるというのは、公式に3.60用のアップデータが公開されていないからなので、nandさえきちんと取っておけば元に戻すことも十分に出来ます。

ただ注意しないといけないのは、
3.71M33系のPSPで、flash0/flash1/flash2/flash3にUSB接続でアクセスし、何かファイルを書き込み・フォーマットすることによるパーティッション管理の破損をした場合に
”まれに”青画面が連発したり、完全にPSPが起動しなかったりという不具合があるそうです。
なのでUSB経由でFlashにアクセス、書き込みする行為は控えるべきかと・・
もしなった場合はnand-dump.bin(症状が起きているPSPのフルバックアップ)を使わないと修理不可能のジャンクが出来てしまいます。
(バックアップを作っていない場合で症状が起きてしまったら)PSP-1000なら他のPSPのv1.50状態でのバックアップがあればどうにか直せますが、新型は諦めるしかないというのが現状です。
とにかくフラッシュをいじる場合には、バックアップは取っておくことは絶対に必要。
また旧型PSPにワンセグ機能を追加する場合も、また然りです。

この症状が起きるのにはかなりの個体差があります。
私の場合は起きる前兆もありませんが、起きている人が少しでもいる場合は注意が必要です。
でも通常使用だけなら問題ないんですけどね・・
フラッシュ自体をいじる行為自体、ほとんどしないだろうし。

投稿: MOO | 2007年10月23日 (火曜日) 午前 01時51分

MOOさん、ご返答ありがとうございます。
 何とか旧型(MADE IN CHINA)をパンドラ化し、新型へ3.60M33の導入に成功しました。
Pandora's Battery Firm. Installerを最初どうしても起動に成功せず、調べまくったら、PSP/GAMEとGAME150を作りGAME150の方へbatteryフォルダとinstallerフォルダ中のフォルダ(4つ)をコピーするとよいとの記述があったのでそうしたら起動しました。ここで2時間くらい考えてました。カーネルによって入れるフォルダが変わるということでしょうか。また3.71M33導入時も3.71を公式から落とすということに気づくのに1時間くらいかかりました。
 あと質問ですが、メモリースティックは新型用に拡張してしまうと旧型ダウングレードに使えないとの情報が2CHにありましたがどうなんでしょうか。

投稿: TAMURA | 2007年10月23日 (火曜日) 午後 11時41分

>TAMURAさん
あと質問ですが、メモリースティックは新型用に拡張してしまうと旧型ダウングレードに使えないとの情報が2CHにありましたがどうなんでしょうか。

↑私の場合は、旧型用に作ったメモステの中身をパソコンに分かりやすくバックアップした後に、そのメモステをPSP本体で初期化。
その後に(そのメモステを使って)新型用のメモステを作ってました。
戻すときは、PSP本体で一旦フォーマットしてから(もちろん新型用もバックアップしておく)、バックアップしてあった旧型用のデータに移し変えれば使えると思います。
ただこの場合の注意点としてはnandイメージはきちんと区別出来るようにしておくこと。
ごちゃごちゃになったら上書きしてしまったりと、結構めんどくさいことになるのでここだけは注意。

>カーネルによって入れるフォルダが変わるということでしょうか

そうです。
カーネルの設定によってGAMEに入れるか、GAME150に入れるか、その他なのか違ってきます。
基本的にGAMEかGAME150のどっちかですね。
新型ならGAMEフォルダが原則ですが。

投稿: MOO | 2007年10月23日 (火曜日) 午後 11時57分

UPDATE のミスでまったく起動しなくなってしまいました。
真っ黒画面のみ。
こんなPSPでは上記のpandras battery の手段では、
復活出来るのでしょうか・・・?
ちなみに、v1.50でしたが。
よろしければ、お願いいたします。

投稿: seuji | 2007年12月15日 (土曜日) 午後 02時24分

>seujiさん
”すで”にpandra’s batteryを作っているのであれば直すことは出来ると思います。
ただ作るには、『正常に起動する』v1.50のPSPかカスタムファームウェアを導入してあるPSPを使って作るしか手がありません。
それがない場合は、周りの友人でPSP持ちでなおかつ上記の環境の方に作ってもらう、海外のサイトでパンドラ済みのバッテリーを買う、オークションなど入手などでしか方法がないと思います。
ただこちらとしてはオークションとかはあまりおススメできませんが・・
個人情報と金銭が関りますから。

なおメーカー修理の場合
1、アップデートのミスの場合は正規ファームを使って更新していたか?使っていないのなら修理不可
2、カスタムファームウェアが導入されていたりするか?導入している痕跡があったら修理不可
3、そのPSPを購入した時の初期のファームはV1.50以下か?その場合は1と2の条件で修理不可と判断されていてもとりあえず修理はされる。
※私の場合はv1.51でしたが修理はされました。

去年の感じではこんな感じです。
私のブログのPSPの過去記事の06年6月前後の記事にご臨終記事が書いてあるのでそちらを参考に。
修理費はアップデートのミスなら送料込みで6300円だと思われます。
ですが、条件に引っかかってしまうと、修理不可能で送り返されてしまうので、どうなるかは私にも分かりません。

投稿: MOO | 2007年12月16日 (日曜日) 午前 01時24分

私は友達に見栄をはってPSPの修理代行をしてあげる
と言ってPSPを預かりました。
友達のPSPはゲームをしていてセーブしたときに急に
動かなくなってしまい(画面には、メモリースティックをチェック中とでていたそうです)ボタンの操作が一切出来なくなってしまって結局はバッテリーを抜くしかなくなってしまい、その後何度バッテリーを入れて起動させても緑色のランプは付いているけど画面は真っ暗で何も出来ない状態だったそうです。
実際、自分が預からせていただいてやってみたらその状況になりました。彼女は他の人に代行していただいたそうで3.52M33-4だったそうです。ならばリカバリーモードができるじゃないか!と思いでRボタンを押しながら起動したところ、リカバリーモードの画面になりませんでした。何回やっても暗いままでダメでした。なのでUniversal Unbricker 3を使って3.72M33-2にしようとすると考えました。しかしやってみるとFormat frash1のところで止まってしまいました。
次にFW3.71にしようとしてやってみるとまた同じところで止まってしまいました。
そのあとにnandファイルのバックアップを取り、RとLとstartとhomeを押してやってみましたが結局結果は変わらず・・・・・・
その後に友達のメモステとバッテリーでパンドラバッテリーを作りました。(バッテリーは修復できるということを知っていたので)そしてnandファイルをバックアップし、FW1.50に戻しました。きっと付くだろうと自分のバッテリーを使い起動させてみるといつもの青い画面が出てきました。よし、できた!と思い安心していると、また同じ青い画面が出てきました。
その後何回○を押してもずっと青い画面から先に進めませんでした。今まで私は友達から受けた依頼は何とかクリアできましたが、今回は全く出来そうに無い、というより原因が全くわからなくホントに困っています・・・
友達には「学校が始まるころには渡してあげるよ!」
と自信満々に言ってしまいました。何とか自分が出来ることはやろうと思いますが、かなりツライ状況です。
何が原因でどのようなことをすれば直るでしょうか?
かなりの長文になってしまいましたが、
ご回答お願い致しますm(_)m

投稿: keis | 2008年1月 4日 (金曜日) 午前 11時30分

>keisさん
似たような症状は結構色々なサイトのコメント欄などで書かれている場合が多いので、インターネットで虱潰しに情報を探してみることをおススメします。
例えば2○ゃん○るのゲーム→裏技・改造板。
ここのスレッドの過去ログなどを見ると意外にヒントが見つかるかもしれません。

以下は個人的な意見です。

自分のPSPで試すなら問題ないのですが、他人のPSPで修理代行は責任を取れないと思うので、あまりおススメしません。

またパンドラは当たり前ですが、物理的な不具合の修正は出来ません。

最終手段として
1、パンドラを使ってNANDのバックアップ
2、F0をフォーマット→これで強制Brick
3、パンドラでNANDを書き出し、ダウングレード

”ただし自己責任で”

これが駄目だとNAND自体が逝っているということで、これだと個人の素人レベルの修復はまず無理だと思われます。
この場合、確実に修復させる方法といえば、メーカーの有償修理が確実です。
ですが、カスタムファームウェアを導入している場合、購入時の初期ファームウェアがv1.00~v1.50前後(私の場合はV1.51)以外の場合は修理されずに送り返されてしまいます。
修理できた場合の修理費用は大体6300円程度です。

>>他の人に代行していただいたそうで3.52M33-4だったそうです。

実は代行してもらった時に実は失敗していたということもあったり・・
この出品者?本人に「ゲームをしていてセーブしたときに急に動かなくなってしまった」という主旨の内容で聞いてみたらどうでしょうか?
代行についてはよく分かりませんが、オークションの代行の場合、出品者によっては
「代行で失敗したら新しいものと交換します。」みたいな主旨の内容を書いている人もいるので、ゴネれるならゴネた方がいいかと。

最後に
知識がない人がカスタムファームウェアなどを導入するのは止めたほうがいいと思います。
特に代行を頼む人は、調子に乗って起動しなくなる人が本当に多いです。

実は私も
二回ほど、修理に出して有償修理を経験しています。
FLASHなどの書き換えは、一瞬で起動しなくなったり、不具合に見舞われたりするので、

えっこんなんで壊れるの?ってくらい、あっけなく壊れてしまいます。

パンドラは絶対的な救済方法とは決して言えません。

これだけは覚えておいてください。

投稿: MOO | 2008年1月 4日 (金曜日) 午後 04時20分

Mooさんの10月1日の記事の
2 GTA3の所はGTA:LCSではないでしょうか?GTA3は確かPS2のソフトだったと思います。
ここのプログ毎週見ていますが入って来る人多いですねうらやましいです。
MooさんのPSPは新型ですか?旧型ですか?

投稿: hack | 2008年1月 4日 (金曜日) 午後 06時42分

>Hackさん
はぅ!!
そうです。言われてみて今気づきました。
直ちに修正してみます。

>ここのプログ毎週見ていますが入って来る人多いですねうらやましいです。
MooさんのPSPは新型ですか?旧型ですか?

持っているPSPは新型と旧型の2つです。
ですがメインに使っているのは旧型の方で、新型はアーカイブ専用みたいな感じになっています。
ブログはお陰さまで人が増えましたが、去年の夏までは一日60人行くか行かないかって感じでした。
もともと携帯電話向けのコンテンツサイトを運営していたのが2002年くらいなので、これで実質6年目ですね。
携帯向けサイトは雑誌にも紹介されましたし。
そういえばやっと記事数が365件を超えました。
更新を地道に続ける、コメントはきちんと返す。
これがサイト運営の基本だと思っています。

投稿: MOO | 2008年1月 4日 (金曜日) 午後 10時18分

雑誌にも紹介されたなんてすごいですね。
これからも頑張って下さい。

投稿: hack | 2008年1月 5日 (土曜日) 午後 01時37分

つまらないことをお伺いしますが。FW4.00からsonyがダウングレードを完全にできなくように対策をとると聞いたのですがMOOさんはどうおもいますか?

投稿: hack | 2008年1月 5日 (土曜日) 午後 07時39分

>hackさん
>FW4.00からsonyがダウングレードを完全にできなくように対策をとると聞いたのですがMOOさんはどうおもいますか?

どう思いますか?と言われても、現時点でも公式ではダウングレード不可ですし、もしそれがそうなったとしても、ある意味イタチごっこになると思われます。
それに完全に出来なくなるという噂は結構昔からあるわけでして、出来なくなったとしてもしばらくすれば穴が出てくると思います。
毎回毎回機能を増やしている分、穴がある可能性も上がるわけですから、今更慌てても仕方がありません。

投稿: MOO | 2008年1月 6日 (日曜日) 午前 12時36分

MOOさん
メモリースティックは8Gでは自作アプリは起動しないとききましたが、ならISOなどは動作するのでしょうか?
毎度迷惑な質問をしてすいません。

投稿: hack | 2008年1月 6日 (日曜日) 午後 12時57分

>hackさん
v2.80以前のファームウェアには不具合があり、4GBを超える領域にアクセスするとフリーズする場合があります。
なおCFWでは1.50カーネル動作時にもこれと同じ症状が出る可能性があり、ISOなどでも4GBを超える領域にアクセスするのであればフリーズする可能性があり。
ただ1.50カーネルを使わなく、なおかつv2.80以降であればおそらく問題はないはず。
でも旧型にしても1.50カーネルが軸になってしまっている現状では、4GBを複数枚持っていた方が安心ですね。

投稿: MOO | 2008年1月 6日 (日曜日) 午後 01時54分

そうでしたか。迅速な回答ありがとうございました。

投稿: hack | 2008年1月 6日 (日曜日) 午後 03時52分

MOOさんの新型のPSPってもしかしてファイナルファンタジーのPSP本体とUMDとストラップ同梱のやつですか?

投稿: hack | 2008年1月 6日 (日曜日) 午後 03時56分

>hackさん
ワンセグの記事に写真が出ていますが、色はホワイトです。
FF版の本体は、個人的に色とか裏のロゴとかに抵抗がありましてスルーしました。
流石にFF以外のゲームをするときにあれでは気になるというか恥ずかしいw
特に電車とか学校とかで・・
電車でPSPは持ち運ばないんですが、例として

投稿: MOO | 2008年1月 6日 (日曜日) 午後 04時32分

はじめまして、Pandora's Batteryでググッて飛んできました。
当方、旧型PSP・CFW3.52M33-4で主にCSOでゲームやMP4の映画等を楽しんでおりますが
万が一の故障の為にパンドラバッテリーを作っておきたいと思い色々と調べています。

お尋ねしたい事は管理人様がココで作成された時点より、これまでに新たに多くのバッテリーインストーラー?が出ているようで
たとえばコマンドプロンプト不要でmspformatとmsinstをPSPで処理出来たり、msipl.binまでインストールしてくれる物や
その他いろいろあるようですが、私のスキルが低い為 出来るだけ簡単な方法で作成したいのですが、どれを使えば良いか迷っております。

CFWもそのうち3.7にしたいと思っています。

アドバイス等頂けると有難いのですが。

長文にて失礼しました。


投稿: nori | 2008年1月25日 (金曜日) 午後 07時20分

>noriさん
コマンドプロンプトでの操作はそれ程難しくはないですよ。
試しに上に書いてある方法で一旦試してください。
多分知識がなくても出来ます。
現に私でも出来ましたから(その当時はコマンドプロンプトなんてほとんど使ったことがなかったので)

>たとえばコマンドプロンプト不要でmspformatとmsinstをPSPで処理出来たり

コマンドプロンプトの操作は全然簡単なので、むしろこういうものを入手して、使うより早いかと思います。
コマンドプロンプトを使いたくない、本当に分からないのであればこっちを使うべきですが、、

>msipl.binまでインストールしてくれる物や
これも便利といえば便利です。
ただ私個人的には”誰のPSPから作ったものか分からないもの”を導入するのには抵抗があります。
やはり自分のPSPで作ったものの方が安心ですから。
それにこの方法は合法ではないので・・

>CFWもそのうち3.7にしたいと思っています。

3.71M33にする予定があるのなら「Universal Unbricker v3」を
http://kaze-tado.way-nifty.com/moo/2008/01/universal_unbri.html

3.80M33にするのであれば「Universal Unbricker v4」を作ると便利かも

パンドラだと1.50に戻してから、元のCFWに戻すのに時間がかかります。
これを導入すれば、不具合があっても3.71M33-2とか3.80M33-5に簡単に戻せるので便利です。
導入方法は上記のリンクを参考に(Universal Unbricker v4の導入方法はまだ書いていないので、それは他サイトを参考に)

とりあえずnoriさんのお好きな方法で、Pandora's Batteryを作ってみてください。
Universal Unbrickerを導入するにしても、メモリースティックの中身は消去するにしても、電池部分は共通ですから。

投稿: MOO | 2008年1月26日 (土曜日) 午前 11時00分

>>管理人様
とってもわかりやすいアドバイスで助かりました。

コマンドプロンプトで決定しました。
Universal Unbricker v3+4も記事を参考に
導入したいと思います。

今後も更新を楽しみにしています。
有難うございました。

投稿: nori | 2008年1月28日 (月曜日) 午前 11時22分

初めて投稿させていただきました。
上の方法で進めるとパンドラインストールの起動時にどうしても「8002014C」メッセージがでてしまいます。;;
上の方々の記事を見せていただきましたがどうにもうまくいきません。
v3.10なのですがどうしたらよいのでしょう...
ご回答していただければありがたいです。m(_ _)m

投稿: 8002014C | 2008年2月10日 (日曜日) 午前 08時04分

>8002014Cさん
純正のv3.10では導入することが出来ません。
この場合、一旦v3.11かv3.50にアップデートした後に、ルミネスというソフトを
利用するなどしてv1.50にダウングレードするなどをしなければなりません。
ただ現在発売されているルミネスでは、そのバグが修正されており、オークションで対策前のものを入手するなどをしないと手に入りません。

一番手っ取り早いのは、オークションでのパンドラ代行を頼むとかなのですが、この場合、やはり金銭がかかるのと、信用できるのか?という点で疑問です。
友人が導入出来ているのなら、その方に頼むとか手段は色々とあると思いますが、この方法はかなりグレーなお話なので、これ以上の詳細は他のサイトで探してください。

投稿: MOO | 2008年2月11日 (月曜日) 午後 08時21分

そうですか...めげずに友達のを借りて再度チャレンジしてみたいとおもいます!
ご回答ありがとうございましたm(_ _)m

投稿: 8002014C | 2008年2月11日 (月曜日) 午後 09時18分

nand-dump.binをnandimage.flashにリネームしてルートに置いて、pandora batteryを起動して□ボタンを押して×ボタンを押したら、cannot open fileと出て開けません。
解決策ありますか?

投稿: あさくら | 2008年6月 1日 (日曜日) 午後 02時55分

>あさくらさん
念のためですが、
フォルダオプションで「登録されている拡張子は表示しない」にチェックが外れているか確認。

もしかすると
nandimage.flash.flash
みたいになっていることも考えられます。

あとはnand-dump.binをもう一度作ってみるとか・・
その辺は色々な解説サイトがあるので、そちらの該当記事のコメント欄あたりを見ると解決策があるかもしれません。

投稿: MOO | 2008年6月 3日 (火曜日) 午後 09時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101299/16216369

この記事へのトラックバック一覧です: Pandora's Batteryを作ってみる:

« 3.52M33-4 Custom Firmware | トップページ | バッテリーパックを探してみました »