« 3.71M33-2 Custom Firmware | トップページ | CWCheat v0.1.9 Rev F »

2007年10月 9日 (火曜日)

旧型PSP-1000にワンセグ機能を追加する

200710091
旧型PSP-1000にワンセグ機能を追加する方法は、失敗するリスクが高かったため、記事は書いたものの公開はしていませんでした。
しかし多数の人柱報告が集まり、これなら公開しても問題ないのは?という結論に達したので導入方法を書いておきます。
この方法は下手をするとPSPがジャンクになってしまう可能性も十分考えられるので、自己責任で慎重に行ってください。

【導入するのに必要なもの】
・3.71 M33-3を導入したPSP-1000
※M33-1ではリカバリーモードにバグがあるため、間違ってもM33-1の環境で行ってはいけません。
※M33-2でもUSB経由でFlashを書き込むと、稀にPSPが起動しなくなる深刻なバグがあり。M33-3にアップデートしておくこと(07/11/12追記)

・3.71公式アップデータ(EBOOT.PBP)
M33 New PSAR Dumper for 2.xx 3.xx
※解凍パスワード
PSARDUMPER_FOR_NEW_AGE
・お好きなバイナリエディタ
当方は「Stirling」を使用。
事前にバックアップは作成しない設定に変更しておくこと
200710095
↑バックアップ作成のチェックを外しておきます。
・パンドラバッテリー及びマジックメモリースティック
→導入方法は過去の記事を参考に
・失敗してもくじけない心と書いてある手順を理解できる知識
→ルートって何?フォルダオプションって何?という方は上書きをしない方が身のため

【導入方法】
1、1.50カーネルアドオンを過去記事を参考に導入しておく。
※過去にワンセグモジュールを追加したことがある場合は、そのモジュールを消去するか、カスタムファームウェア自体をクリーンインストールしなおします。

2、作業用のフォルダを作成します。(この情報はwikiを参考にしました)
デスクトップ等の分かりやすい場所に作業用フォルダ「temp」を作成
「temp」フォルダ内に「f0」フォルダと「f1」フォルダを作成
「temp」→「f0」フォルダ内に「vsh」フォルダと「kd」フォルダを作成
「temp」→「f0」→「vsh」フォルダ内に「module」フォルダを作成
「temp」→「f1」フォルダ内に「vsh」フォルダを作成
「temp」→「f1」-「vsh」フォルダ内に「module」「resource」フォルダを作成

こんな感じです。
f0+f1の場合のファイル構成
[f0]+[vsh]+[module  ]+[libfont_arib.prx]
    |                |
    |                +[vshmain.prx](改変したもの)
    |               
    +[kd ]------------[usb1seg.prx]

[f1]+[vsh]+[module  ]+[oneseg_plugin.prx ]
          |          |
          |          +[oneseg_launcher_plugin.prx](改変したもの)
          |
          +[resource]-[oneseg_plugin.rco]

3、フォルダオプションで、「すべてのファイルとフォルダを表示する」にチェック、ならびに詳細設定にある「保護されたオペレーションシステムファイルを表示しない(推奨)」のチェックを外します。
またバイナリエディタもバックアップを作成しない設定に変更しておくこと。
※フォルダオプションを変更しておかないと、中身を見ることが出来ません。
※バイナリエディタの設定も忘れないこと。忘れると大変なことになるかも。
200710097
200710096

4、M33 New PSAR Dumper for 2.xx 3.xx を解凍し、中にあるnewpsardumperフォルダを従来のようにGAMEフォルダにコピーする。
なおパスワードは PSARDUMPER_FOR_NEW_AGE

5、公式の3.71のEBOOT.PBPはルート上にリネームせずに配置(EBOOT.PBPのままで)

6、XMBにてM33 New New PSAR Dumperを起動し、□ボタンを押してダンプする。
200710099
→○や×ダンプしてしまうと、vshmain.prxが115kbの軽いものになってしまいます。
304kbのものでないといけないので要注意。絶対に
□ボタン

7、PSPの電源を落とし、バッテリーを一旦外して再度装着。Rボタンを押しながら電源を入れ、リカバリーモードを起動する。

8、パソコンとPSPをケーブルで繋ぎ、リカバリーモードの以下の手順で、f0をパソコンで見れるようにする。
→Advanced→Toggle USB(flash0)

9、f0の中身が見れたら、それらのファイル全て(削除したり、改変する前のもの)をパソコンのデスクトップなどにバックアップしておく。
200710098_2
10、f0の容量が不足している場合は適当に削除しておく。どれを消したらいいか分からないのであれな何もしないこと。
下手にいじると起動しなくなり、パンドラでも直せなかったらアウト。

11、f0内のvshmain.prx(114kb)のファイルの読み取り専用属性を解除しておく。
200710094
→場所は
G:\vsh\module\vshmain.prx
※私の場合はGドライブですが、人によって違うのでそこだけは変更ておいてください。

12、リカバリーモードを終了し、今度は普通にパソコンに接続する。するとルート上f0というフォルダが出来ています。これはNew New PSAR Dumperでダンプしたファイルなので、パソコンのデスクトップなどに分かりやすくコピーします。

13、パソコンにコピーし終わったら、以下のファイルを、最初に作った作業フォルダの該当部分に追加。
F0:/vsh/module/libfont_arib.prx
F0:/kd/usb1seg.prx
F0:/vsh/module/vshmain.prx

14、バイナリエディタでvshmain.prx(304kb)を下記のように変更します。
バイナリエディタでの変更の仕方(Stirlingの場合)
【一例】
0003F69C: 04→03
と書いてある場合。
・vshmain.prxを開くと、なんか数字と英語の意味不明な羅列があると思います。
・検索・移動(S)をクリック→指定アドレスへ移動(J)→アドレス欄に0003F69Cと入力しOKを押す。
・指定アドレスへ移動しました。恐らく数値が04となっていると思うので、03に書き換えて上書き。
→これで書き換えが完了しました。

こんな感じです。ただこれはあくまで一例なのでまだいじらないでください。
※PSP-1000のXMB上にワンセグという項目を追加するには、いらない項目(例えばビデオやネットワークアップデートの項目)をワンセグの項目に差し替える必要があります。

14.5、
A.ワンセグアイコンをビデオメニューに追加する場合
New New PSAR Dumperでダンプしたvshmain.prx(304kb)を下記のように変更
0003F69C: 04→03
0003F6A4: 02→03

B.ワンセグアイコンを任意のアイコンと入れ替える場合
New New PSAR Dumperでダンプしたvshmain.prx(304kb)を下記にならって変更
0003F5C0: 00→1E

【おまけ】
ビデオメニューもネットワークアップデートも両方置き換えたくない場合は以下を参照。
0003F5C0: 00 ネットワークアップデート(フォト設定アイコン)
0003F5D0: 01 USB接続(フォト設定アイコン)
0003F5E0: 02 ビデオ設定(フォト設定アイコン)
0003F5F0: 03 フォト設定(フォト設定アイコン)
0003F600: 04 本体設定(フォト設定アイコン)
0003F610: 05 テーマ設定(フォト設定アイコン)
0003F620: 06 日付と時刻設定(フォト設定アイコン)
0003F630: 07 省電力設定(フォト設定アイコン)
0003F640: 08 外部ディスプレイ設定(フォト設定アイコン)※ディフォルト設定では入れ替えても非表示
0003F650: 09 サウンド設定(フォト設定アイコン)
0003F660: 0A セキュリティ設定(フォト設定アイコン)
0003F670: 0B RSSチャンネル設定(フォト設定アイコン)
0003F680: 0C ネットワーク設定(フォト設定アイコン)
0003F690: 1B カメラ(ワンセグアイコン)
0003F6A0: 1E ワンセグ※テレビメニューが無いため現在は入れ替えても非表示
0003F6B0: 13 ゲームシェアリング(ワンセグアイコン)
0003F6C0: 14 セーブデータ管理(ワンセグアイコン)
0003F6D0: 1D オンラインマニュアル(RSSチャンネルアイコン)
0003F6E0: 19 ロケーションフリープレーヤー(RSSチャンネルアイコン)
0003F6F0: 1C リモートプレイ(RSSチャンネルアイコン)
0003F700: 1A RSSチャンネル(RSSチャンネルアイコン)
0003F710: 18 インターネットブラウザ(RSSチャンネルアイコン)
0003F720: 1F PlayStation Spot (RSSチャンネルアイコン)
vshmain.prx(304kb)の上のアドレスの値を1Eに変更すると対応するメニューがワンセグになる。
()内はその時表示されるアイコン

この情報はwikiを参考にしました。

15、書き換えたら続けて以下の項目も変更。
vshmain.prx(304kb)を下記のように変更し上書きをする。
200710092
0003C951: 30→31

16、先ほどと同じやり方で、今度はリカバリーモードにてf1をひらきます。

17、New New PSAR Dumperでダンプした以下のprxとrco(両方ともf0にあったもの)を作業フォルダの該当部分に追加する。
f1:/vsh/resource/oneseg_plugin.rco
f1:/vsh/module/oneseg_plugin.prx
f1:/vsh/module/oneseg_launcher_plugin.prx
200710093

18、New New PSAR Dumperでダンプしたoneseg_launcher_plugin.prxをバイナリエディタで下記のように変更し、上書き保存。
000395D: 30→31
0003985: 30→31

19、(作業フォルダ内の)f0フォルダ内にあるファイルを、PSPのf0に上書きをする。
※vshmain.prx(114kb)をバイナリエディタで変更済みのvshmain.prx(304kb)に上書きをしています。

20、上書きが終わったら、今度はリカバリーモードにてf1を開き、同じように書き換えたファイル(作業フォルダ内に作ったもの)を上書きする。
※変更したoneseg_launcher_plugin.prxをf1:/vsh/module/に追加しています。

21、USB接続を解除し、PSPを再起動します。

22、XMB上にワンセグという項目が出現しているので(その代り、置き換えた項目は消えている)、ワンセグチューナーを接続して後は起動するだけ。

23、今までの作業が上手く出来ているのならワンセグが視聴できます。

【よくある質問】
1、新型との比較したら旧型の方が感度が悪いのでは?
→イヤフォンを接続した場合の視聴ではそれほど遜色なし。しかしそれ以外の場合は感度が悪いので、チューナーと本体の間に延長したUSBケーブル(改造済み)をかます。
チューナーと本体を離すといえば分かるかな?

2、どの基盤(TA-079/082/086)のPSPでも大丈夫?
→多分大丈夫。自己責任で。

3、旧型PSPのワンセグ映像をテレビには映せない?
→端子の形状が違うのと、ビデオ出力する機能自体がないと思われるので絶望的に無理。

4、パンドラは作らなくても問題ない?
→問題はないけど、失敗した場合の保険として必須かと。

5、データー放送は見れないの?
→現時点では対応できていません。

6、チャンネルスキャンが19パーセントから進まない。
→不安定なエリアにいることが原因です。ワンセグが十分に見れるエリアで試してください。

7、PSP-2000は持っていないんだけど、ワンセグチューナー買ってもいいの?
→PSP-2000と比べ、感度が悪いので、これ目的で購入すると痛い目に会うかも。
ワンセグは良くも悪くもワンセグ。過度の期待はしないように。

8、新しいCFWを導入するときは、元に戻すべき?
→気にせずにアップデートして問題ありません。ただしワンセグ機能はもう一度入れなおさないといけません。

他にありそうな質問で、重要なことは、導入方法に赤字で書いてあります。

【導入してみて】
flashをいじくるので、失敗したら壊れます。
パンドラで復活することも出来ますが、いじった項目によってはパンドラすら使えないジャンク品が出来てしまうこともあるので、知識がない方は素直にPSP-2000を購入してください。
また以上の方法を試す場合は自己責任で。
今回の導入方法は、以下のサイトを参考にしました。
旧型PSP(PSP-1000)でワンセグ wiki - 問題と対策
※導入する場合は、人柱になった方々に感謝の気持ちを持ちましょう。※

【関連商品(AA)】
ワンセグチューナー(PSP-2000シリーズ専用)

|

« 3.71M33-2 Custom Firmware | トップページ | CWCheat v0.1.9 Rev F »

PSP」カテゴリの記事

コメント

 こちらを参考にして、旧TypeでワンセグOKになりました。ありがとうございます。

これだけなら、たいして面白くないので、EMC対策をしてみました。旧型でも十分実用に耐えるPSPが出来あがりました。
導電・電磁波シールド塗料(EMCコート)です。全分解をして、上下とも筺体裏に塗装します。
GPSもワンセグも延長ケーブル無しで実用に耐えるようになりました。ご参考まで

投稿: お世話になりました | 2007年10月16日 (火曜日) 午後 10時29分

>お世話になりましたさん
報告ありがとうございます。
全分解をするとは流石です。
私の場合は、ちょいテレというパソコンでワンセグを見ることの出来る機器を以前から持っているので、それのオプション品の「F型コネクタ変換アダプタ」を改造してPSPに差し込めるように改造しました。

方法は
1、電器屋に行って、ミニプラグ(3.5mmのミニジャックタイプ)対応の変換用のプラグアダプターを買ってくる。値段は300円以内。
2、テレビ線(同軸ケーブル)を買ってきて、上記のプラグアダプタと接続。値段は700円前後
3、中の芯の部分を物理的に繋げる。

こんな感じです。
私の場合はF型コネクタ変換アダプタというものを改造しましたが、普通のテレビ線だけで問題なかったです。
これだと全部込みで1500円以内で収まります。
でも室内視聴限定になってしまいますが・・

室外でも見るなら、あなたの手段がベストですね。
ただ全分解というのが導入するのに躊躇する点。
知識が無いと壊しますから。
でにやはり室外でも見れるほうがいいなぁ。

ちと同じような改造に挑戦してみます。
ご報告ありがとうございます。

投稿: MOO | 2007年10月17日 (水曜日) 午後 01時51分

コメントありがとうございました。
纏めてみましたので、ご参考になれば幸いです。

分解のTips

1.厚手の紙に略図を書く
2.略図の上下または左右に両面テープを貼る
  この略図は、層毎(大物部品を外す都度)に作る
3・ネジ、小間物部品を外したら、略図に貼った両面テープに貼り付け
  略図の外した位置から線を引き、必要ならコメントを書いて置く
4.爪で留まっているものは、良く観察し爪を緩める(基盤等にストレスを与えない事)
5.分解した層毎に写真を撮って置く事
6.フレキシブルコネクタストッパは、引く、前を起こす、後ろを起こす等が
  あるので良く観察する。ストッパを外したらちょっとだけ左右に抉り、抜く
  フレキ端子には触らない事、汚れがあれば無水アルコールと綿棒で優しく拭く
  破損防止のためフレキを外したら、ストッパは戻して置く
7.静電対策
  化繊(アクリルのフリース等)の衣服は着ない。アースバンドは付けない。
  最初と時々水道蛇口に触れる。
  組み立てられた基盤が静電破壊する事は、まずありませんが、上記を励行。
8.実際の外し方は(UMDの蓋等)Webで良く調べて置く事。


電磁波シルード塗装

1.外せる物はすべて外す。塗装は筺体の上面と下面だけで良いかと思います。
2.中性洗剤、歯ブラシで洗う(汚れ埃落とし、脱脂)
  良くすすいで、良く乾燥させる
  ドライヤでも可(必ず手で持ち、手が耐えられない熱さ以上にしない事)
3.マスキング
  縁はマスキングテープでマスクする。
  塗装してはまずい所を良く観察しマスクする。
  LEDインディケータの導光部とか忘れがちです。(マスキングゾルなど使用)
  操作ボタン穴も塗装裏面をマスクする(塗料の回り込み防止)
  上面のクリア部(液晶面は注意してマスキング)
  マスキングテープの粘着剤にはクリア部を侵すものもあるので注意!
4.貫通していないネジ穴に爪楊枝を短く切って抜けない程度に軽く
  差し込む(ねじ込む)、細くて安定しなければ先を切る。
  貫通ネジ穴はそのまま
5.無線LANアンテナ
  縁は導通するので、適当なテープ等で絶縁する。
  アンテナの下は塗装しない(方が良いかは今一不明です)
6.塗装の仕方は一般的です。
  一回で厚くしない事。薄く吹いて良く乾燥させて数回(2~4回)
  EMCコートは乾燥が速いので、楽です。

お約束ですが、失敗しても自己責任です。
改造を推奨するものではありません。
十分に理解できない、用語が分からない等の場合は、諦めて下さい。

投稿: お世話になりました | 2007年10月24日 (水曜日) 午後 09時59分

>お世話になりましたさん
なんか私には到底出来なさそうなことしてますね。
これは流石に自己責任というかそれ相応の知識がないと出来ないですね。
情報有難うございます。
参考になりました。

投稿: MOO | 2007年10月25日 (木曜日) 午前 12時45分

ワンセグのアイコンを表示させるところまで行きました。そして、ワンセグチューナーを接続しました。なのに、「ワンセグチューナーを接続してください。」と出てしまうのはなぜなんでしょうか?

投稿: darkzero | 2007年11月25日 (日曜日) 午後 01時39分

>darkzeroさん
正しいファイルがきちんと送れているのであれば、チューナーをきちんと奥まで差込み、ダイヤル状になっている部分もしっかりと回す。
そして回せなくなるまでしっかりとしめて固定してください。

またシリコンジャケットやクリスタルシェルで本体を守っている場合、それらの厚みできちんと奥まで差し込めていないことが多いのでそこもよく確認してください。
この場合は、ジャケット等を外してから、しっかりと差し込めば使えるようになると思います。

旧型PSPでワンセグチューナーを装着する場合、結構、接触不良の場合が多いです。
奥まで差し込めていないのが原因ですので、、「ワンセグチューナーを接続してください。」と出たらその通り、きちんと装着できているか確認してくださいね。

投稿: MOO | 2007年11月25日 (日曜日) 午後 06時27分

ご返答ありがとうございます。
今度やってみます。

投稿: darkzero | 2007年11月26日 (月曜日) 午後 04時18分

MOOさん、はじめまして!
今さらですが上記の方法を参考に書き換えしたところ、ワンセグのアイコンは表示されるようになったのですが
クリックすると読み込みのマークが表示が出てもすぐにフリーズし、再起動してしまいます。
何度かやり直してみたのですがさっぱりです・・・

もしよろしければご指導よろしくお願いします。

投稿: RYO | 2008年1月20日 (日曜日) 午後 02時33分

>RYOさん
お使いの環境はなんですか?
一応確認したいのが、お使いのバージョは3.71M33-3/4ですよね?
3.71M33-1/M33-2では潜在的なバグが存在しているため、導入できたとしても、いつPSPが動かなくなるか分からない不安定な状態になります。
また補足として3.80M33だとワンセグのアイコンすら出せないということでこの方法では導入できなくなっています。

RYOさんの書いていることだけだと、具体的なアドバイスはちょっといえないというか、導入過程でなにかのミスをしたとかくらいしか言えません。
一旦パンドラ,Universal Unbricker v3等を使って元に戻してから再度慎重にやり直した方が安全かもしれません。

他のサイトさんでも導入方法を詳しく書いているサイトさんもありますし、ワンセグを簡単に導入する補助的なアプリを公開しているサイトもあります。
そちらも読んで、再度挑戦してください。
記事の下にまとめWIKIのリンクもありますから

P.S
起動してすぐにフリーズとなるとM33 New New PSAR Dumperでワンセグ再生に必要なファイルを上手く展開できていないという可能性と、FLASH領域にファイルを移すときに余計な操作をしてしまったとかも考えられます。
FLASHにファイルを移す際に誤った操作をすると下手をすれば起動しなくなりますし、ワンセグ関係のファイルが上手くコピー出来ていなければ、起動してすぐにフリーズすると思われます。

最後に
ワンセグ導入には
かなーりのリスクがいります。
過去にFLASHをいじったりしたことがない場合は、かなりの確率で失敗する恐れがあります。
自分でやってみて無理だと思った場合は、やめた方が賢明です。

投稿: MOO | 2008年1月21日 (月曜日) 午前 01時33分

アドバイスありがとうございます!
バージョンは3.71M33-3です。
中途半端な知識で導入を試みたのが、そもそも間違いでした^^

パンドラも作製していませんし,F0のバックアップも理解しないでやったので間違えてMSルート上のF0ファイルしか取ってませんでした。
CFWのアップグレードで直りますかね?(汗)

もっと仕組みを理解できるようになってから導入してみようとおもいます。

試験期間中にもかかわらずお忙しい中、アドバイスして頂きありがとうございました。

   試験頑張ってください!

投稿: RYO | 2008年1月21日 (月曜日) 午後 07時36分

>RYOさん
3.80M33とかにアップグレードすれば、追加したワンセグアイコン自体も消えて、まっさらな状態になります。
ということはアップデートすれば、とりあえずは直すことは出来るということで、、
ただ3.80M33にすればこの記事に書いてある方法でのワンセグ機能の追加は出来ません。
恐らくしばらくすれば有志が出来る方法を見つける可能性もありますが・・

とりあえずCFWを導入するにしても色々とリスクがあるので、万が一を考えてパンドラなどを作って置いた方が断然安心です。
CFW自体、メーカーのサポート外で、これを導入しているPSPは動作しなくなった等で壊れたときに、修理拒否されてジャンクになってしまいます。
ジャンクになると流石に痛いですから、保険は必要です。

投稿: MOO | 2008年1月22日 (火曜日) 午前 12時47分

できたーーーーーーー                  ありがとうございます                 めちゃくちゃうれしいです

投稿: tyhsrht | 2008年5月12日 (月曜日) 午後 11時46分

出来ました!
マジ感動です。難しそうであきらめていたんですが、ここは、めちゃくちゃ分かりやすかったので初心者の僕にも出来ました。ほんとにありがとうございました。

投稿: 雄飛 | 2008年10月16日 (木曜日) 午後 08時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101299/16706177

この記事へのトラックバック一覧です: 旧型PSP-1000にワンセグ機能を追加する:

« 3.71M33-2 Custom Firmware | トップページ | CWCheat v0.1.9 Rev F »