« PspStates Experiment plugin for Slim | トップページ | PSPに移植してみる系 総まとめ »

2008年7月 4日 (金曜日)

PspStates Experiment v2 for PSP Slim

ステートセーブ機能を実現するプラグインである「PspStates Experiment plugin for Slim」の修正版「PspStates Experiment v2 for PSP Slim」がリリースされました。
前回のバージョンからの修正点は以下の通り
・内部のタスクに関する重大な不具合の修正。
・ローカルステートセーブ機能とグローバルステートセーブ機能を追加しました。

ローカルステートセーブ機能・・同一のゲームのセーブデータをいつでも読み込みすることが可能。
グローバルステートセーブ機能・・UMD、ISOファイルが元の場所にあれば、いつでも読み込むことが可能。
・スリープモードのバグを修正。
・UMDゲームやISOロードのどちらにも対応。ただし内部のフラッシュを一部書きかえる必要あり。

「PspStates Experiment plugin for Slim」でのステートセーブデータを使うと影響が出るかもしれないので使わないこと。

となっています。
セーブについての機能追加と重大な不具合の修正が行われたらしく、これで更に使いやすくなったと思います。
さっそく導入してみます。

【導入するのに必要なもの】
・CFW 4.01M33-1/M33-2が導入されたPSP-2000
PspStates Experiment v2 for PSP SLIM(ミラー)

【導入方法】
1、新規に導入する場合は過去記事を参照。
PspStates Experiment for PSP Slimを導入済みの方はそのまま上書きしてOK
ただし過去に他のプラグインを導入したことがある人はgame.txtを上書きするとそのプラグインが使えなくなるので、その場合は改行して新たに記入しなおしましょう。
【例】
過去にcapture.prx、cwcheat等のプラグインを導入していた場合
20080703
↑こんな感じで追記しておく。
【UMDゲームをステートセーブ可能にする】
1、リカバリーモードなどでflash0に接続する。
リカバリーモードから接続する場合は以下の方法を試してください。

1.PSPとパソコンをUSBケーブルで接続しておく。
2.PSPの電源を落とし、Rボタンを押しながら再度電源を入れて、リカバリーモードを起動する。
3.Main menu →Advanced →Toggle USB(flash0)を選択。
20080704
↑これでパソコンからflash0を開くことが出来ました。

ただこれだけだと見えてないファイルが存在しているので、
200807044
フォルダオプションを開いて、
・すべてのファイルとフォルダを表示するにチェック
・保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)のチェックを外す。

以上の二つを適用しておいてください。
200807043
↑隠されたファイルが見えるようになりました。

2、flash0:/kd/umdcache.prxが存在するので、それを自分のパソコンにバックアップしておく。
200807042
↑クリックすると大きな画像で表示します。解像度が高いので注意。

3、同梱されているumdcache.prxを上書きする。

これでUMDゲームでステートセーブ機能が使えるようになりました。

【実際にステートセーブをしてみる】
※事前にプラグインを使えるようにしておくこと。
1、vshmenu等NO UMD機能を使用するためにM33 Driverに設定する
200807032
vshmenuはXMB上でSELECTボタンを押すことによって画面に出現する。

2、適当にゲームを起動してみる。
200807033
3、ゲーム中にステートセーブしたい場合は、
まずHOMEボタンを押して、「ゲームを終了しますか?」の画面を表示する。

・ローカルステートセーブをする場合は・・Rボタン+[好きなボタン]を押す。

・グローバルステートセーブをする場合は・・SELECTとRボタンを押しながら【好きなボタン】を押す。


なお[好きなボタン]はLボタンとRボタン以外ならOK

4、そうするとPSPが一旦スリープモードになり、再度立ち上がります。
もし画面が赤くなる場合は、メモリースティックが純正品でなかったりと微妙な場合。通常はすぐに戻ります。

ここまでが上手くできればステートセーブは出来ています。

【ステートセーブをロードしてみる】
1、ゲームをしている最中に、以前に保存したセーブの状態に戻したい場合は、

ローカルステートセーブの場合・・HOMEボタンを押して、「ゲームを終了しますか?」の画面を表示した状態で、Lボタンを押しながら【好きなボタン】を押します。

グローバルステートセーブの場合・・HOMEボタンを押して、「ゲームを終了しますか?」の画面を表示した状態で、SELECTLボタンを押しながら【好きなボタン】を押す。
※好きなボタンとは【実際にステートセーブをしてみる】の工程3で決めたボタンのこと。
2、メモリースティックから状態がロードされ、以前に保存した状態に戻ります。
200807033
保存していた状態に戻りました。

【導入してみて】
UMDゲームもサポートするようになりました。
今回上書きしたumdcache.prxはダミーファイルらしく、XMBにおいてUMDキャッシュを使用させないために上書きしているとのこと。
システムファイルにアクセス、書き込みをする重要なファイルをいじくることになるので、バックアップは絶対に取ってください。

|

« PspStates Experiment plugin for Slim | トップページ | PSPに移植してみる系 総まとめ »

PSP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101299/41729880

この記事へのトラックバック一覧です: PspStates Experiment v2 for PSP Slim:

« PspStates Experiment plugin for Slim | トップページ | PSPに移植してみる系 総まとめ »