« PspStates 2 Experiment v2 for 5.00M33 | トップページ | DSTTのFAKE版クローン「U2 DS」 »

2008年10月19日 (日曜日)

1.50 Kernel addon for 5.00 M33

200810206
Dark_AleX氏よりCFW 5.00M33対応の1.50 カーネルアドオンがリリースされました。
これを導入することによって、v1.50カーネルが従来通り使えるようになります。

ただしflash0の空き容量の確保のために、日本語入力に必要なファイル(flash0:/dic/apotp.dic)が削除されています。
そのためキーボード入力をしている最中に漢字変換を行おうとすると、PSPがフリーズして落ちてしまいます。
英語の入力は問題ないのですが、インターネットで日本語が使えないのは致命的。
人柱覚悟の人以外はCFW4.01M33+1.50KernelAddonのままにしておいた方がいいかもしれません。

【注意点】
PSP-1000専用です。PSP-2000では導入することが出来ません。
またこれをインストールしてしまうと、ロケーションフリープレーヤーと韓国語フォント、日本語入力に必要なファイル(flash0:/dic/apotp.dic)が削除されてしまいます。

【導入するのに必要なもの】
1.50 Kernel addon for 5.00(ミラー)

・CFW 5.00M33が導入済みのPSP-1000
→導入方法は過去記事参照。

・PSP v1.50のアップデータファイル(EBOOT.PBP)

【導入方法】

1、1.50 Kernel addon for 5.00を入手し、解凍する。

2、解凍すると以下のような構成になっていると思います。
150k_installer
 ┣EBOOT.PBP
 ┣ipl_update.prx
 ┣libpsardumper.prx
 ┗pspdecrypt.prx
readme.txt
150k_addon401.rar
3、150k_installerフォルダを以下の場所にコピーする。なお「5XX」というフォルダを作っていない場合は新規作成しておくこと。
→ms0:/PSP/GAME5XX
4、PSP v1.50のアップデータファイル(EBOOT.PBP)150.PBPとリネームし、メモリースティックのルートディレクトリにコピーします。
→ms0:/
5、XMB から1.50 Kernel addon for 5.00を実行します。
200810206
6、準備ができているのなら×ボタンを押してパッチを適応させます。
200810207
↑7秒後に自動的に再起動されます。
ここまでがきちんと出来ていれば無事にv1.50カーネルが使えるようになります。

【導入してみて】
日本語入力が出来なくなるのは致命的です。
復活させるにはflash0の中で削除できるファイルを削除し、v1.50カーネルを導入後に日本語入力に必要なファイル(flash0:/dic/apotp.dic)を入れなおす必要があります。
flashをいじることになるので、人柱覚悟の方以外は導入しない方がいいかもしれません。

|

« PspStates 2 Experiment v2 for 5.00M33 | トップページ | DSTTのFAKE版クローン「U2 DS」 »

PSP」カテゴリの記事

コメント

管理人さんへ
バックアップをとらないで日本語変換できない人は
ttp://ameblo.jp/nogamiryotaro/entry-10168924889.html
を見てみてください。自分でまとめてみました。ただし、ここに書いてあることをするときはすべて自己責任でお願いします。この方法でやればバックアップを取ってなくてもできます。

投稿: nogami | 2008年11月24日 (月曜日) 午後 04時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101299/42842899

この記事へのトラックバック一覧です: 1.50 Kernel addon for 5.00 M33:

« PspStates 2 Experiment v2 for 5.00M33 | トップページ | DSTTのFAKE版クローン「U2 DS」 »