« popcorn.prx v2 | トップページ | 5.00M33-3 Custom Firmware »

2008年10月23日 (木曜日)

5.00M33-2 Custom Firmware

200810231
Dark_AleX 氏よりCustom Firmware 5.00 M33-2 及び 5.00 M33-2対応のPOPSLoaderがリリースされました。

過去のバージョンからの変更点は主に
【5.00M33→5.00M33-2】
・アイコンの問題によって POPS が起動できなくなる場合があったので修正した。
・POPS で document.dat が読み込めない不具合の修正。
・メモリー上で POPS がクラッシュする問題の修正。
・sctrlKernelSetInit が動作していなかった不具合の修正。
・ネットワークアップデートが動作していなかった問題の修正。
・バージョン情報を偽装する機能の搭載。(flash0:/vsh/etc/version.txt) デフォルトではオフ
・プラグインの設定ファイル(conf.bin)のフォーマットの変更。リカバリーモードで設定を変更すると自動的に新しいフォーマットに変更される。

以上の追加、修正点があります。
導入方法は簡単なのでさっそく導入したいと思います。
※注意※
この導入方法を試す場合、下手をするとPSPが壊れて動作しなくなる可能性があります。
自己責任で慎重に行ってください。

【導入するのに必要なもの】
・Custom Firmware 5.00 M33を導入済みのPSP-1000、PSP-2000
Custom Firmware 5.00 M33-2(ミラー)
・v5.00のシステムアップデータ(EBOOT.PBP)
※CFW5.01 M33-1を導入済みであるのなら不要。
それ以前のCFWからアップデートする場合には必要です。


【導入方法】
1、Custom Firmware 5.00 M33-2(ミラー)を入手し、解凍する。
2、解凍したフォルダ内に「UPDATE」フォルダがあるので、これを以下の場所にコピーする。
200810172
→ms0:/PSP/GAME/
3、(CFW5.00M33-1経由なら工程4に行ってください)
UPDATE
フォルダの中に、v5.00のシステムアップデータ(EBOOT.PBP)500.PBPとリネームしたものを上記の画像のようにコピーする。
なおGAME150フォルダなどにコピーした場合は、破損ファイル扱いになってしまうので、GAMEフォルダにかならずコピーしておくこと。
また1.50カーネルを使用する設定になっている場合は、リカバリーモードから3.xxカーネルに変更するのを忘れずに。

4、念のためにACアダプタを接続、また本体に十分なバッテリーがあるか確認。ない場合は充電しておく。

5、XMBから5.00M33-2を起動。
200810231

(CFW 5.00M33-1経由の場合)
200810235
×ボタン
でアップデートを適応させる。準備が出来ていないのであればRボタンで終了することも出来る。
なおアップデートが完了すると自動的に再起動されます。
200810232
本体情報を確認すると5.00 M33-2になっていると思います。

(CFW5.00M33-1経由でない場合)
6、準備が出来ているのなら×ボタンでアップデートを適応させる。準備が出来ていないのであればRボタンで終了することも出来る。

7、上記までが完了しているのなら、公式のアップデートと同じアップデート画面が表示されるので、いつも通りアップデートする。
200810176
※表記は公式のものとなっているが驚かないこと。
8、アップデートが完了するまでしばらく待ちます。あとは画面の指示通りに操作してください。
なおインストールの際は、設定済みのプラグインが全てDisabledに変更されます。
200810178
アップデートが環境すると○ボタンを押して再起動するように促されます。
200810182
↑再起動を行った場合、設定情報が破損したという内容の青画面(BSoD)が表示される場合がありますが、その場合は○ボタンを押して修復してください。
私の場合はPSP-1000でのアップデートの際に表示されました。

9、本体情報を確認すると5.00 M33-2になっていると思います。
200810232
もしアップデート後に動作が不安定になった場合は、
リカバリーモードを起動して、
MENU → Advanced → Formst flash1 and reset setting
を選択し、設定の初期化を行ってください。

【バージョン情報偽装機能の説明】
OFW5.01がリリースされてしまった現在、PlayStationStoreまいにちいっしょポータブル等がv5.00環境ではネットワーク認証で弾かれて利用できなくっています。
これをバージョンを偽装することによって回避します。

~回避方法~
1、リカバリーモードを起動し、flash0をパソコンで開いてみる。
2、flash0:/vsh/etc/version.txtを以下の説明通りに書き換える。

バージョン情報を偽装するためのファイル(flash0:/vsh/etc/version.txt)は初期状態では以下のようになっています。

release:5.00:
build:2740,0,3,1,0:builder@vsh-build6
system:46876@release_500,0x05000010:
vsh:p6264@release_500,v46652@release_500,20081010:
target:1:WorldWide


これをver5.01に偽装するためには

release:5.01:
build:2753,0,3,1,0:builder@vsh-build6
system:47042@release_501,0x05000110:
vsh:p6284@release_501,v46801@release_501,20081020:
target:1:WorldWide


と書き換えてください。
但し、version.txtにはデフォルトで読み込み専用属性が付いているので、書き換えもしくは差し替えを行う場合には注意してください。

3、書き換えが終わったら、リカバリーモードを起動し、Configuration Menuの最後の行にあるUse Version.txtEnabledに変更する。

これによって書き換えた内容に従ってバージョン情報を偽装することが可能です。
200810233
ネットワーク認証を偽装することによって回避したことによって・・
200810234
無事に最新のニュースを得ることが出来ました。

【導入してみて】
OFW5.01がリリースされてしまったことによって、昨日まではネットワーク認証で弾かれまくっていましたが、偽装することによって無事に回避することが出来ました。
なおPOPSLoader for 5.00 M33-2の導入方法については今までと同じなので割愛。
置いてある場所はここなので興味のある方は各自で導入しておいてください。

|

« popcorn.prx v2 | トップページ | 5.00M33-3 Custom Firmware »

PSP」カテゴリの記事

コメント

CFWと公式FWを混同していませんか?

投稿: 名無しさん | 2008年12月27日 (土曜日) 午後 06時44分

>名無しさん
タイプミスがあったようです。
×【5.00M33→5.01M33-2】
○【5.00M33→5.00M33-2】
まだ他に間違った部分がありましたら、コメント欄にて教えて頂けると助かります。
ご指摘ありがとうございました。

投稿: MOO | 2008年12月27日 (土曜日) 午後 10時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101299/42880090

この記事へのトラックバック一覧です: 5.00M33-2 Custom Firmware:

« popcorn.prx v2 | トップページ | 5.00M33-3 Custom Firmware »