« 魂ウェブ限定グラスゴーの受注締切迫る | トップページ | 5.00M33 Custom Firmware »

2008年10月 7日 (火曜日)

UnOfficial gpSP kai 3.3 test 2 build 49 svn.399

2008100611
今回はPSP上でGBAをエミュレートできるunofficial gpSP kaiの最新版の紹介です。
過去記事の「unofficial gpSP kaiを試す」からフォルダ構成などが微妙に変更されているので新たに書き直すことにします。
unofficial gpSP kaiはgpSP(gameplaySP)の改良版ということで、開発者はなんと日本人
言語も日本語対応なので使いやすいのでは?
エミュレートといえばNintendo64がエミュレートできるDaedalus PSP、スーパーファミコンがエミュレートできるuo_snes9x for PSPなどがありますが、このエミュレーターがすごいのはその完成度。
現時点での動作速度は体感してみた感じ実機の8割~同等。
またPSP-1000の他にPSP-2000でも動作するようになったので更に便利になりました。
今回は現時点での最新版である「UnOfficial gpSP kai 3.3 test 2 build 49 svn.399」の導入方法を書いておきたいと思います。
※注意点※
この記事を書いている最中に
「UnOfficial gpSP kai-1 test svn rev 3.3」から
「UnOfficial gpSP kai 3.3 test 2 build 49 svn.399」に更新がありました。
アドホック通信関連については一つ前の「UnOfficial gpSP kai-1 test svn rev 3.3」に項目があります。
アドホック通信はあくまでテスト版で、単純に接続を確認する程度にしか使えません。
なお
「UnOfficial gpSP kai 3.3 test 2 build 49 svn.399」ではアドホックの項目が無くなっています。
最新版でアドホックの項目が表示されてなくても慌てないでください。

【導入するのに必要なもの】
・unofficial gpSP kai
※2008年10月時点で手に入る最新バージョンはUnOfficial gpSP kai 3.3 test 2 build 49 svn.399」
です。
頻繁に最新版がリリースされているので、その時点で入手できる最新版を入手してください。

参考までに以下の場所が開発ページです。
unofficial gpSP kai 開発ページ
※こちらは更新が止まっているみたいです。
きまぐれblog
※開発中のバージョンを含め公開されています。
最新版を入手する場合はこちらで。

・PSP v1.00 or PSP v1.50並びにカスタムファームウェア導入のPSP-1000/PSP-2000
・自分で吸い出したGBAのROMイメージ
・自分で吸い出したGBAのBIOSイメージ
「gba_bios.bin」とリネームしておいてください。
※当たり前ですが、自作ソフトの動かせる環境ではないPSPでは動きません。
※ROMイメージやBIOSイメージの入手方法や吸出し方法については各自調べるなりしてください。当方ではお答えすることはできません。
※また吸い出したイメージを友人に配布したり、インターネットに公開するなどは絶対にしないでください。法的に罰せられる可能性があります。

1、unofficial gpSP kaiをダウンロードし解凍。
2、解凍すると以下のようなフォルダ構成になっていると思います。
[gpsp]
 ├ dvemgr.prx
 ├ EBOOT.PBP
 ├ game_config.txt
 ├ homehook.prx
 ├ readme_kai_jp.htm
 ├[cfg]
 ├[Docs]
 ├[documents]
 └[font]


gpsp
フォルダの中にgba_bios.bin」リネーム済みのGBAのBIOSイメージをコピーする。
また同フォルダ内に「GBA」フォルダを新規作成しておく。
2008100612
新規作成したGBAフォルダ内に「CFG」「CHT」「ROM」「SAV」「SS」の5つのフォルダを新たに作成する。
200810064
ROMフォルダには自分で実機から吸い出したロムイメージを入れておく。

3、最終的にはこのような構成になっていると思います。
[gpsp]
 ├ dvemgr.prx
 ├ EBOOT.PBP
 ├ game_config.txt
 ├
gba_bios.bin
 ├ homehook.prx
 ├ readme_kai_jp.htm
 ├[cfg]
 ├[Docs]
 ├[documents]
 ├[font]
 └
[GBA]
   ├
[CFG]
   ├
[CHT]
   ├
[ROM]
   ├
[SAVE]
   └
[SS]

3、gpspフォルダをv1.0PSPの場合はGAMEフォルダにコピー、カスタムファームウェア等の環境の場合はGAMEフォルダやGAME150フォルダなどにコピーする。
→ms0:/PSP/GAME/gpsp
→ms0:/PSP/GAME150/gpsp
※初期のCFW環境の方はGAME150フォルダを作っていたりすると思います。
GAMEフォルダとGAME150フォルダを分けて整理している人はGAME150フォルダに入れても問題ありません。

5、XMB上からUO gpSP kaiを選択し起動。
2008100611
以上の方法で起動できます。
2008100610
↑BIOS読み込み中。
(PSP-1000の場合)
起動中に
not load adhoc modules!!
と表示される場合があります。
この場合はカーネルを1.50カーネルから3.XX4.XXカーネルに変更してみてください。
※UnOfficial gpSP kai-1 test svn rev 3.3の場合

操作方法はまんま日本語なので割愛しますが、起動したら、まずロムイメージのリストが表示されるので、プレイしたいタイトルを選択。
200810062
↑これはあくまで一例です。
そうするといきなりゲームが開始されます。
200810063
↑きちんとOPの動作確認も取れました。
200810066
△ボタンでゲームの設定を変更することが出来ます。
チートコードなどで改造も出来るみたいですが、ここは割愛します。
なお新たにadhocという項目が追加されています。
※UnOfficial gpSP kai-1 test svn rev 3.3の場合
アドホック通信の使用方法は
 1、メニューからadhoc → adhoc connect を選択。
 親機、子機ともにここまでは同じ操作。
 2、子機側で親機のMACアドレスを○ボタンで選択
 3、親機側で接続同意の確認メッセージが表示されるので、○ボタンで許可をする。
 キャンセルする場合は×ボタンでキャンセル出来る。
 4、親機側で接続の許可をすると2台の通信をシンクロさせて、メニューに戻ります。
 5、通信開始とともにdbg_msg.txtに通信内容が書き出されます。
 お互いにadhoc disconnectを選択すると通信は切断されます。
※注意点
通信中はメモリースティックに連続してアクセスするので動作が重くなったり不安定になったりします。
※現在はテスト版で通信は出来ません。接続できるようになっただけで、単純に接続を確認する程度にしか利用できません。


操作方法は
↑:↑
↓:↓
←:←
→:→
※十字キーの操作はアナログパッドも利用することが出来ます。
○:A
×:B
□:fpsを表示
△:メニュー(設定画面)
L:L
R:R
スタート:スタート
セレクト:セレクト


とほとんど実機と変わらないので、迷わないと思います。
一応、私が持っているソフトは一通りプレイすることが出来ました。
ストレスもたまらずにプレイできるとは驚くべき完成度です。
強いて弱点をいおうとしたら、たまにノイズや音割れが起こることくらいでしょうか?

現在、任天堂関係のPSPエミュレーターは、なんとDSまで開発されています。
しかしパソコン上でも満足にエミュレートできない現状では、PSPで遊ぶのなんて無謀にしか思えません。
フェイクだと思っていたら本当らしいし。
これらのソフトを含めて更なる完成度アップに期待したいですね。
個人的にPSPで遊べるGBAエミュの中でunofficial gpSP kaiが一番完成度が高いと思っていますので・・
200810067
↑実機並に動きます。
【導入してみて】
過去に紹介したバージョンに比べ不具合がかなり潰されたみたいです。
ただ注意しないといけないのは、(ファイル構成が変わる前の)古いバージョンからのアップデートの場合、セーブデータなどの互換性がない場合があります。
その場合は古いバージョンを消さずに残しておくなどしてください。

|

« 魂ウェブ限定グラスゴーの受注締切迫る | トップページ | 5.00M33 Custom Firmware »

PSP」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
最近ブログを読ませて頂いているものです。

自分はver1.50のPSPを使っているのですがGAMEフォルダに入れて起動すると「起動に失敗しました」と出てしまいできません。
またGAME150フォルダにリネームして入れるとXMBでメモリースティックの中身が表示されず起動できません。
PBPmakerでフォルダを2つに分けてやってみたのですがerrorになります。
ver1.50のPSPでは起動不可なのでしょうか?
また可能であればアドバイスをお願いできないでしょうか?
宜しくお願い致します。

投稿: kyosuke | 2008年11月17日 (月曜日) 午後 11時09分

>kyosukeさん
PSP-2000に対応する前のバージョンであれば動作すると思います。
現在リリースされた多くの自作ソフトはv1.50カーネルが無くても動作できるように仕様が変更されています。
なので純正のv1.50で動作しないものは正直難しいのではないでしょうか?
古いバージョンであればqj.net等でまだ入手できると思います。
そちらを試してください。

投稿: MOO | 2008年11月18日 (火曜日) 午前 12時05分

スリープモードにすると勝手に終了してしまうのですがこれは仕様でしょうか?

投稿: 螺旋 | 2009年2月 9日 (月曜日) 午後 03時01分

>螺旋さん
こちらで確認してみましたが勝手に終了することはありませんでした。
一応、どのような挙動になったかというと

ゲーム中に電源をOFFにし、スリープモードにした場合
ゲームの設定画面(△ボタンで開けるやつ)が一瞬表示され電源が落ちます。
その後に電源を入れればその設定画面から始まります。

こんな感じです。
恐らくPSP自体のバッテリーの残量が少なかったことが原因に考えられます。
またバージョンによっては起こる可能性も否定できないので、別のバージョンでも同じになるかを確認してみてください。

投稿: MOO | 2009年2月10日 (火曜日) 午前 01時36分

古いバージョンにしたら直りました。
お手数おかけしました

投稿: 螺旋 | 2009年2月10日 (火曜日) 午前 07時29分

cfw5.00m33-6を使ってUO_gpSP_kai_30_srcを入れてみたところ、破損ファイルになっていて起動することができませんでした
どうしてでしょうか?

投稿: しょうゆ | 2009年4月 2日 (木曜日) 午前 11時53分

>しょうゆさん
src = ソースコード
要するに設計図。
ソースコード一式を突っ込んでも当たり前ですが起動はしません。
PSPで起動させるにはEBOOT.PBPというファイルが必要です。
それが含まれているものを使ってください。
入手するファイルが間違っています。

投稿: MOO | 2009年4月 3日 (金曜日) 午後 09時13分

BIOSファイルとはなんでしょうか?

投稿: yoshiki | 2009年5月 7日 (木曜日) 午後 06時53分

>yoshikiさん
Basic Input/Output System(略称 BIOS)
ファームウェアの一つで、コンピュータに搭載されたプログラムのうち、ハードウェアとの最も低レベルの入出力を行うためのプログラムである。

今回の場合はGBAを動かすのに最低限必要なプログラムを実機から吸い出して、それを利用してエミュレートしているということです。

投稿: MOO | 2009年5月 7日 (木曜日) 午後 10時23分

ブログ拝見させていただきました

手順通りに行い、開発者様のサイトから本体PC用を落とし、軌道してみたのですが、adhocの項目が現れません。
CFWは500M33-6のPSP2000です

投稿: ソース | 2009年5月21日 (木曜日) 午後 07時57分

>ソースさん
記事の書き方が紛らわしかったようです。
アドホックに関しては一つ前のバージョンの「UnOfficial gpSP kai-1 test svn rev 3.3」に項目があります。
機能的に”接続が確認出来るようになった程度”ですので、次のバージョンの「UnOfficial gpSP kai 3.3 test 2 build 49 svn.39」では項目が削られています。

この記事を書いていた最中の更新でしたので、そこまで確認出来ていませんでした。
記事に追記しておきます。

投稿: MOO | 2009年5月23日 (土曜日) 午前 11時40分

こんにちわ
ボクは今
uo_gpsp_kai_3_3_test_2_build_132
を使っているんですけど
ぜんぜん起動しません
理由を教えてください
お願いします

使っているCFWは500M33-6のPSP2000です

投稿: ボブ | 2009年6月14日 (日曜日) 午後 08時46分

↑の付け加え

xmbでは破損ファイルとなります

投稿: ボブ | 2009年6月14日 (日曜日) 午後 08時51分

>ボブさん
ファイル構成をもう一度見直してください。
またダウンロードしたファイルが正しいものか確認してください。

投稿: MOO | 2009年6月14日 (日曜日) 午後 10時01分

おかげさまで導入できました。ありがとうございます!!!

私の場合はXMB上で破損ファイルとなっていたのは、PSPのGAMEフォルダに入れるときにuo_gpsp_kai_3_3_test_2_build_132 を gpspにリネームし忘れてたからでした。一応参考までに。

投稿: ゆた | 2009年10月14日 (水曜日) 午前 12時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101299/42710704

この記事へのトラックバック一覧です: UnOfficial gpSP kai 3.3 test 2 build 49 svn.399:

« 魂ウェブ限定グラスゴーの受注締切迫る | トップページ | 5.00M33 Custom Firmware »