« DSiでマジコンが遂に動く | トップページ | DSTTv1.16カーネルの真相(Fake Detector解説記事) »

2008年12月 7日 (日曜日)

5.00M33-4 Custom Firmware

200812062
Dark_AleX 氏よりCustom Firmware 5.00 M33-4がリリースされました。
過去のバージョンからの変更点は主に
【5.00M33-3→5.00M33-4】

・いくつかの新しいゲームでは、CPUのクロック変更APIに従来のscePowerSetClockFrequencyではなく、新しくscePower_EBD177D6が使用されており、UMD/ISO speed settingsでの設定が反映されていなかった問題に対応。
・PlayStationStoreで購入したゲームでもUMD/ISO speed settingsの設定が反映されるようにした。
・新しいソフトウェアやM33アップデートの存在を確認する際に、SCEIのアップデートサーバの代わりにdark-alex.orgに接続するように変更。
・ドライバを削除する際にISOファイルディススクリプタが閉じていなかった不具合の修正。
・VSH MENUにシャットダウンの項目を新たに追加。

以上の追加、修正点があります。
特に目立った更新はありませんが、VSH MENUにシャットダウンの項目が追加されたのが個人的に一番嬉しかったりします。
というわけでさっそく導入したいと思います。
※注意※
この導入方法を試す場合、下手をするとPSPが壊れて動作しなくなる可能性があります。
自己責任で慎重に行ってください。

【導入するのに必要なもの】
・Custom Firmware 5.00 M33-1~M33-3を導入済みのPSP-1000、PSP-2000
Custom Firmware 5.00 M33-4(ミラー)

・v5.00のシステムアップデータ(EBOOT.PBP)
※CFW5.01 M33-1~M33-3を導入済みであるのなら不要。
それ以前のCFWからアップデートする場合には必要です。

【導入方法】
5.00M33-4の導入方法は二通りあるので、お好きな方を利用してください。
【5.00M33-4導入方法1】

200810173
1、XMBのネットワークアップデートを起動し、Dark_AleX氏のサイトからCFW 5.00 M33-4のアップデータ をダウンロードする。
200802015
↑公式のアップデートなら1MBなんて容量はありえないのですよね。
200802016
2、導入方法2の工程3以降を実行してください。

【5.00M33-4導入方法2】
1、Custom Firmware 5.00 M33-4(ミラー)を入手し、解凍する。
2、解凍したフォルダ内に「UPDATE」フォルダがあるので、これを以下の場所にコピーする。
200812063
→ms0:/PSP/GAME/
3、(CFW5.00M33-1~M33-3経由なら工程4に行ってください)
UPDATE
フォルダの中に、v5.00のシステムアップデータ(EBOOT.PBP)500.PBPとリネームしたものを上記の画像のようにコピーする。
なおGAME150フォルダなどにコピーした場合は、破損ファイル扱いになってしまうので、GAMEフォルダにかならずコピーしておくこと。
また1.50カーネルを使用する設定になっている場合は、リカバリーモードから3.xxカーネルに変更するのを忘れずに。

4、念のためにACアダプタを接続、また本体に十分なバッテリーがあるか確認。ない場合は充電しておく。

5、XMBから5.00M33-4を起動。
200812062
(CFW 5.00M33-1~M33-3経由の場合)
200812065
×ボタン
でアップデートを適応させる。準備が出来ていないのであればRボタンで終了することも出来る。
なおアップデートが完了すると自動的に再起動されます。
20081206
本体情報を確認すると5.00 M33-4になっていると思います。

(CFW5.00M33-1~M33-3経由でない場合)
6、準備が出来ているのなら×ボタンでアップデートを適応させる。準備が出来ていないのであればRボタンで終了することも出来る。

7、上記までが完了しているのなら、公式のアップデートと同じアップデート画面が表示されるので、いつも通りアップデートする。
200810176
※表記は公式のものとなっているが驚かないこと。
8、アップデートが完了するまでしばらく待ちます。あとは画面の指示通りに操作してください。
なおインストールの際は、設定済みのプラグインが全てDisabledに変更されます。
200810178
アップデートが環境すると○ボタンを押して再起動するように促されます。
200810182
↑再起動を行った場合、設定情報が破損したという内容の青画面(BSoD)が表示される場合がありますが、その場合は○ボタンを押して修復してください。
私の場合はPSP-1000でのアップデートの際に表示されました。

9、本体情報を確認すると5.00 M33-4になっていると思います。
20081206
もしアップデート後に動作が不安定になった場合は、
リカバリーモードを起動して、
MENU → Advanced → Formst flash1 and reset setting
を選択し、設定の初期化を行ってください。

【導入してみて】
200812064

VSH MENUにシャットダウンの項目が追加されました。
これでリカバリーモードを立ち上げる時の手間等が省けますね。
またM33-3での不具合もいくつか修正されているみたいなので、M33-3の不具合で悩んでいた方は導入しても良いのではないでしょうか。

|

« DSiでマジコンが遂に動く | トップページ | DSTTv1.16カーネルの真相(Fake Detector解説記事) »

PSP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101299/43353428

この記事へのトラックバック一覧です: 5.00M33-4 Custom Firmware:

« DSiでマジコンが遂に動く | トップページ | DSTTv1.16カーネルの真相(Fake Detector解説記事) »